2011年04月24日

ハル、お別れのとき。

このブログから足が遠のいて、気がつけば随分と経っていました。
なんだかこの場に今の自分の書きたいことが当てはまらなくなっているんだな、
と気づきました。よいことです。

このブログを、ワクワクしながらつくってからもう6年。
そろそろ脱皮したくてしかたがなかったのだと思います。

たくさんのことを、ここに書き綴ってきたなぁ。
育児と仕事の両立のいろんな葛藤、仕事の方向性の迷い、
子育てで楽しかったことの備忘録、2度目の妊娠、そして再度自分さがし。。。
書くことで、頭を整理したり、しあわせをかみしめたり、思い入れのある場になりました。

ちょっとさびしいですが、こことはお別れして、あたらしい場所に引っ越します。
また、新しく場所をつくることにワクワクできる自分は本当にしあわせだなぁ。
>>お引っ越し先はコチラです。
posted by haru at 23:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

仕事初めです。

おはようございます、そして、あけましておめでとうございます。

仕事初め、帰省の洗濯物やら、ムスメがまだ冬休みだったりして、
スタートが遅くなってしまった。

今年のお正月休みは短くて、ゆっくり考えるヒマもありませんでしたが、
去年は間違えなく前進の年だったし、今年はそれ以上に成長を求められる年だと
思っています。

年末にナラティブベースのHPをアップしました。
1月中に法人として再誕生します。
http://www.narrativebase.com/

今年もどうぞよろしくお願い致します。
posted by haru at 10:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

こころの風景

ランチにゆっくりひとりで食事をしたくなり、
久しぶりにちゃんとしたお昼ご飯をレストランでいただく。

通された席の横の柱に、一枚のさりげない写真。
なぜか目にとまって、じっくりと眺めていた。


心地よく薄暗い部屋の
少し離れた位置にある明るい窓

2階か3階かな?
外には隣接する家の屋根がならび
煙突からあたたかな煙が立つ

その屋根の向こうには
針葉樹と古くて白い壁

そして壁の向こうのもっと遠くに
教会の屋根がうすぼんやりと、でも大きく見えている



こころの中の奥行きのように感じ、
しばらくぼーっと見入ってしまった。

最近遠くの景色を眺めていないな・・・
というときは、
だいたい、こころのそういった階層の奥底までがあることを
忘れているときだな、とか思う。

こころの景色をたまには眺め、ぼーっとする時間も大切。
教会の屋根はみえる?って。
posted by haru at 16:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

自分のペースで進んでます

ブログもツイッターもとんと離れていました。
すごく忙しくしていますが、なんとか進んできた感じです。

ロゴ&名刺が出来ました。年内にはHPを上げる予定。

NBlogo.png

屋号立てて、まもなく1年ですから、相当遅いですけど。
まあ、それでも進んでいることを認めてあげよう、
と、自分に前より少し甘くできてることに、
自分の成長を感じたりもします。

必要以上に焦らなくてもいいと思えるのは
向かっている方向が分かっているということ。

キャッチフレーズを
「マーケットの‘語り’を 引き出し 読み解く」
に決めました。
この一行にこの3年で整理した
私のやりたいこと、やれることが詰まっています。

この1年、仲間も増えました。
いい仕事もたくさんいただきました。
感謝しつつ、倍の恩返しをするつもりで取り組みたい。

今日は「ママのキャリアを考える会」のオフ会です。
みんな、どんなふうに進んでいるのかな。
応援しあえる仲間がいるというのもまた、本当にうれしい。
posted by haru at 09:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

ストーリーテラーになろう

数日前にTwitterで以下の記事を何度か目にして、

▼統計よりも「1人のストーリー」が有効な理由
http://wiredvision.jp/news/201009/2010091722.html

あらためて事業屋号をNarrativeBASE(ナラティブベース)と名付けた意味について考えていた。

最近、買い物していると、店員さんが自分の話をするシーンが目立つ。
食べ物でも、化粧品でも、家電でも。

「自分はこの色が気に入っているんですよね」
「私も使ってみたんですが、こちらの方が軽いし小回りが効きますね」
「この職業に就くまでは、こんなに種類があるとは僕も知らなかったんです」


などなど、、、

自分の経験や物語をセールストークに組み入れているケースが多い。

マニュアルに書かれた

「お客様の好みによりますが」
「・・・という実験結果もありまして」
「今は期間限定でこれをおすすめしているんです」


みたいなトークが通用しなくなってきてるんだろう。
ずばり、接客もクチコミ化している。

実際に買う側としても、いわゆる「トーク」っぽくなく聞けるし、
知り合いのクチコミを聞いたような錯覚に陥る。

人は人のストーリーに動かされる。

当たり前のようで、あらためてその視点でいろいろなことをウォッチしてみると
意外とおもしろいと思う。

スリーリーを探そう。
ストーリーテラーになろう。
posted by haru at 16:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。