2009年02月02日

子育てオーナーはだれ?

子育て支援の充実が進む中、
正直、便利すぎてもおかしいと思う。

どんなに長時間でも預けられる。
病気のときも誰かが看てくれる。
それって本当に『充実』しているのか?
何でもそうだけど、便利すぎると人は鈍ります。
便利になればなっただけ、利用しない選択が難しくなる。
それって、母性の鈍った女性が量産される社会なんじゃないか?!

仕事も大事、とっても分かる。
職場の環境、締め切り、取引先とのアポイント、
プレッシャーの毎日のつらさも身にしみて分かる。

それでも、やり遂げたい、進みたい。
とってもとっても分かる。

でも、最近つくづく感じる。
変えなければいけないのは、「子育て」ではなく「働き方」ではないか。

子どもも母性も大事にしながら
自己と社会のかかわりも大事にできる。
母親でも胸を張って『自己実現』が追える。
そういう社会にしたい。

頼ることも大事だけど、
どうしたって子育てのオーナーは自分。

「自分が一番しっかりみている。」
そう自信を持って言える親があふれていなければ、
「みんなで育てる社会」なんて実現しない。
posted by haru at 11:25| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。