2009年09月28日

夕食前のとほほ

久々に、やっちゃいました。

夕食を作っている間、ムスメに宿題しときーというと、
「漢字ノートがなーい」って。
そうだ!「買ってきて」って言われてたの、すっかり忘れてた;

すでに部屋着に着替え、髪もぐるぐるっとまとめてクリップ留めの状態だったが、
とりあえず、ボトムだけそこらへんにあったジーンズに着替え、
一番近所の文房具屋にチャリをかっ飛ばすことに。
あそこだったら、3分でつくし、往復10分内。

っと「いってきまーす」と飛び出したところで気が付いた。
上のTシャツが短めで、履いたジーンズがローウェスト。
下に来ていたキャミソールが、おなかあたりでてろーんって。
おいおいひどすぎる!
けど、文房具やのおばちゃん一人に会うくらいいいやー
っと、自転車かっ飛ばし到着すると・・・
およよ暗いぞ。

がーん
しまってる。

仕方がないな、ちょっと離れた西友か・・・
駅に近づいて人が多いけど;
まあ、このレベルのすっとこどっこいな格好と、
おばちゃんヘアは西友なら許される。
ちゃちゃちゃっと行けばなんとか。
てか、とにかくゲットで早くかえらねば。

っと西友に到着。
ベルトなしのジーンズがなんかズリズリ落ちてくるが
エスカレータを小走りにおなかを隠しながら駆け上がり、
着いた文房具フロアは・・・
改装前の在庫整理中。

がーん
指定された漢字ノートなし。

ってことはぁ〜

駅前ユザワヤに?!
行くの?!この格好で行くのか!?

この時点で悪いことに、自転車ダッシュのおかげで
髪の毛はさらにほつれてバサバサっと
非常に貧相な感じに。

もう仕方なく行きましたよ。ダッシュで。

キャミてろ〜ん
ベルトなしジーンズズリっ
髪の毛バサバサッ
まだ駐輪場は混んでる時間で違法駐輪→ダッシュ→店内怪しい小走り。

あああ・・・やだやだ。
久しぶりに、いい汗やな汗かきました。

かくして、ムスメ無事に宿題終わる。
とほほ。
posted by haru at 23:04| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

かんがえちゃうなー

もうそろそろ、法人化しようと思って3ヶ月。
なかなか踏ん切りがつきません。
それもこれも、どちらかというとプライベート部分で、
仕事シフトが子どもにあたえる影響をどう自分なりに解釈して、
消化して、還元できるだけの行動をできるか、という。
そのイメージが湧かないならやれないでしょ、とどうどう巡り。
フリーズしたまま、時間ばかり過ぎてってます。いかん。
「後悔はあいまいに比例する」って書いてあるじゃないか!!
どこに。ブログのプロフィールに!!←

そんなとき、ムスメが学校から持って帰ってきたプリントの中に
「わたしの発明」みたいな制作物があって。
こんなものがあったらいいな〜を図と機能説明で書いてみよう!
というものらしいのですが。。。
ムスメが書いたのこうです↓

はつめいひんの名前:しごとロボ
はつめいしたりゆう:ママがおしごとでこまっているからたすけてあげるためです。
こんなことができます:
・おしごとをすることだけしっています。
・つめのようなものでしごとをおわらせます。
・5びょうでおわります。
・たまにいえをとびだすときがあります。
・だけど10びょうでもどってきます。
・口は、いえでしたときあかくなります。

仕事を家でしてるので、そりゃあ、家でテンパってるときもあるけど。。。
かなり絞った仕事でこれだからね。
もっとやったら、もっとすごい姿を見せることになるし、心配かけること必須。
それだったら出勤した方がいいんじゃないとダンナはいうけど。
それはそれで、寂しい思いをさせるし。
でもそんなこと言ってたら腰上がんないし。
でも子どものことは一時期だったりするから、
言い訳にするくらいならもう少し仕事の方を我慢すればいいんじゃないの、
とか自問自答。

時々家出する口が赤くなるしごとロボか…
んーかんがえちゃうなー

200909241444000.jpg
posted by haru at 14:51| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネガティブモチベを肯定する。

小栗旬が、蜷川幸雄に「役者は多少不幸じゃないとだめだ
と言われたそうですが。

確かに何か欠けてて、そこを埋めようとする反動の力って、
多くのものを生み出すし、
「魅力」そのものであったりする。
いわゆるハングリー精神ですね。

満ち足りてしまうことは悪いことじゃないけど、
もしくは、満ち足りなくても、ちょっと過剰な楽観主義で
思い込んだりしてるのも悪いことじゃないけど、
やっぱり、ネガティブが持つパワーを侮ってはいけない。

などと、考えて書斎で探し物をしていたら、
なぜか数年前のとってもいやな仕事メールのプリントアウトが…
大変納得できない評価を受けてのやりとり。
悔しかったことを思い出した。

あのときの仕事を今の私がしたらどうなるのだろうか?
あの人は今の私をどう評価するだろうか?

気分が悪くなると同時に、
やっぱりパワーがみなぎってくるのが分かるよね。
ネガティブモチベを肯定するところから、
はじめてみるのも、いいんだろう。

渇っ!!

しかし、何でプリントアウトしたんだろうと思ったんだけど、
やっぱり当初もこれをにらんで仕事したんだろうな(笑)
posted by haru at 09:56| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

言い表せないキモチ

数日前、もう一人の祖父も続けて死去しました。

知らせを聞いた夜、なんだろう、つわりのときと同じ変なゲップが出始めた。
精神的なものなのか、すすり泣きで空気がおなかに溜まったか?
不思議だけれど、生死にかかわるような何か大きなものに
身体が反応したようにも思った。

湧き出るように思い出が巡った。

母の父である祖父は、初孫である私にとてもやさしかった。
5月生まれの私を抱いて、なぜかいつも子守唄に「ひな祭りの歌」を歌っていたそうだ。
遊びに行くと、かならず家の外で待っていて、
帰るときには見えなくなるまで送ってくれた。
昨年まで、毎年この季節になると大きな箱でりんごが届いた。
「りんごが赤くなると医者が青くなる」って。
食べきるために毎朝食べ、ジャムにし、パイを焼いたりした。

母はいつも私に、若い頃祖父がいかに厳しく自分を育て、
自由を許さず、干渉したかを話した。
だから私には干渉せず、自由に育てたいと。

けれど、今、いくつもの思い出やエピソードをたどれば、
それは、祖父が一人娘の母を人一倍大切に思い、大事に育てていた証拠だ。

人生には、何十年も経って、わかる愛情がある。
子どもを産むことで、親の大変さを知り、
親を失うことで、その愛情を知るんだろう。

続けて2つの葬儀を経て、
一つの人生が終わった儀式とも感じなかった。
一つの人生は完結することなく、
確かにつながっているものなのだろう。

自分の最後をイメージし人生のプランを立てろという自己啓発書もある。
けれど、本当の人生の最後ってそういうものじゃないんじゃないか?
違う価値を強く思った。
posted by haru at 00:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

祖父から学んだこと

夏の最後に、祖父が他界しました。
いろいろな想いがめぐりましたが、ひとつ、感じたことを。

数学者だった祖父はとても気難しい人で、笑うことが少ない、
厳粛で怒りっぽい人でした。
というか、私には長年そう写っていました。
でも、当たり前ですが、それは祖父のほんの一部でしかない。

祖父の生きた長い時間、
残してきたたくさんの功績、
関わった大勢の人、そのとき他の誰かが感じた感謝の気持ち。
そういったたくさんの‘別の側面’を、
どれだけ私は敬い、感じようとしただろうか?

生きることは、残すことではない。
生きることは、表現することでもない。
ただ、ひたすら、相手を感じたり、感じてもらったり、
することなんじゃないかな。

思い出が一つあります。
お正月の挨拶に祖父の家に行ったとき、
祖父が図を描きながら、昨晩考えた数学の問題と
その解き方のシンプルさを熱弁してくれたことがありました。
(祖父は主に数学教育の仕事をして晩年まで教材の執筆をしていました。)
大晦日さえ、机に向かっていたのでしょう。
孫でありながら、数学苦手の私にはさっぱり分からない内容でした。
でもでも、私にとってはそのときが一番‘祖父を感じた'瞬間でした。

素直に生きることは、お互いに感じあう。
そういった意味で重要なのかな、そんなことを思いました。

ひ孫にもやさしい声をかけることは少なかった祖父ですが、
ムスメとかるたをしたときに、こんな歌を詠んでくれました。
「かるたとり みんなまかした もみじの手」
声に出すことがなくとも、こんな温かい目で見てくれていた祖父を
心から愛し、いつか天国でもう少し感謝と尊敬を伝えられるよう、
私も精進したいと思います。。。

200909091221000.jpg
写真は、祖父の歌を祖母が色紙に書いてくれたものです。
posted by haru at 13:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりghoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集中力は宝。なんとかつけたりたい!

夏休みも終わるとある日。
ムスメは自由研究の仕上げに集中。
ムスコは枝豆の皮むきに集中。
かれこれ20分くらい沈黙という奇跡的状況が・・・
集中力ってすごく大事だから、なんとかつけていきたいなーと
改めて思った瞬間でした。
パパはいつも、自信をつけたりたい!
といってるから、私は集中力担当、パパは自信力担当かな。
二つそろえば、最強でしょ!

200908311218000.jpg
posted by haru at 12:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりghoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いいなぁ子どもの絵

ムスメの絵が選ばれて駅で展示があったので、見に行った。
消防車の絵です。
子どもの絵って、なんて自由なんだろう。
そして、なんでこういう絵を、
いつから描けなくなるんだろう。。。

200908271138000.jpg
posted by haru at 12:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりghoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベトナム食べ物編

個人的に好きだったのが、フォーなどの麺類よりおかずのっけご飯や手巻きでたべる生春巻き。
左はタイ米のような細長いご飯が、細かくくだけたツブツブご飯に香ばしく焼いた豚肉をのっけたもの。米も、麺もいろんな種類があります。
あと、気に入ったのがサンドイッチ。
フランスパンに生春巻きの具をはさんだような感じで、香菜もin。
とにかく、香草が苦手なひとはきついけど、好きなひとにはたまらない。
右は、毎日夕食をご馳走になった家庭料理。貴重な体験でした。

200908081110000.jpg 200908101154000.jpg 200908072009000.jpg
posted by haru at 12:13| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりghoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女三代inベトナム

義母、あたし、ムスメの三人旅でベトナムへ。
義母の教え子のベトナム人の方の結婚式に参列しました。
中は向こうでムスメがお友達になったOTちゃん。
言葉なんて通じなくてもいいんだなっ
結婚式の料理づくりで春巻き作りも手伝わせてもらった。
バナナの葉っぱの上で巻くんです。
200908081806000.jpg 200908091452002.jpg 200908081150003.jpg
posted by haru at 12:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりghoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュウコちゃんショー

ムスコがムスメプロデュースで女装させられ、ポーズをとらされる
シュウコちゃんショー。なんだか、日に日にのりのりになっていき、
母親としてはちょっとコワイです。

200907142037001.jpg
posted by haru at 11:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりghoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハードなバレエ発表会

そして、7月の終わりは恒例のムスメのバレエ発表会。
練習、場当たり稽古、リハ、本番と、夏休み開始と同時にかなりハードなスケジュール。
かつ、親もかなり拘束されるので正直しんどかったです。でも、本当に上達に驚いた。
楽屋係で舞台裏から拝見。
舞台裏、嫌いじゃないです。
緊張感と舞台から漏れてくる光・・・若い頃思い出しまっす。

200907271644000.jpg 200907310731000.jpg
posted by haru at 11:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりghoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まず、遊園地にいったよな。

随分とムスコ中心の生活で、出かけられる範囲も限られていたけど、ムスコもしっかりとしてきて風邪も引きづらくなってきたなぁ。
成長って早いし、すごいなぁ。
ムスメはおお張り切りで、怖いものから楽しいものまで、乗り物三昧でした。
写真はどこにでもある100円遊具ですが。

200907111505000.jpg
posted by haru at 11:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりghoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の思い出10連発

ブログ、夏の間休止状態でしたが、夏の思い出10連発いきまーす。
で、秋モード突入だ。
posted by haru at 11:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりghoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。