2009年11月11日

期待に応え続けるということ

週末、ディズニーリゾートに初めてのお泊り。
シーの中にある「ホテルミラコスタ」へ。
ホテルの部屋からみるブラビッシーモ
(水と炎をふんだんに使った水上のショー)は最高でした!!

例えば・・・
今この世にディズニーランドがなくて・・・
「こんな遊園地を作りたい」
と誰かが構想したら、
誰もが「無理だ!」「夢物語だ!」と言うよね、絶対。
でもその魔法の王国は紛れもなく現実にある。

これは、一つの期待にそれ以上に応え、
またその次の期待にも、それを超えたサービスが提供され、
その繰り返し、繰り返しで築かれてきた現実。

その軌跡を思うと、なんだか、頭が下がる。
まさにワンマンズドリームが膨らんだ結果がここに。

200911091727000.jpg  200911091721000.jpg
 右はミッキーとウォルト・ディズニーがお手て繋いでる像(シルエット)↑
 ランドの正面にあったの、知ってた??


ホテルもパーク内も、料金は「これにギリギリ払うかな」という
高め、高めの設定よね。
でも、特別な高揚感と、
次の期待に、誰もが投資しているのだと思います。

DSmiracosta.JPG

ミラコスタの窓から、
閉園後の様子や、早朝のメンテナンスを眺めていました。

構想に沿った、計算と計画と努力。
着実な実行を見ました。

また行きたい、素直にそう思えた。
posted by haru at 11:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりghoto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。