2009年12月21日

自分にかける言葉

いっしょにお仕事させていただいている、
若い女子(20代)たちをみていると、
なんだか本当に若いころの自分の「もがき」をみているみたいで、
オーバーラップして、胸がキュンとしてしまう。

夜な夜な電車のない時間に働いていると、
よく先輩に声をかけられた。

「今、やらなくていいことやってない?
 明日やれることは、明日やりな」

でもそんなやさしい声をかけてくれる
先輩も独身バリバリだったりして。

なんだか、うれしいような、悲しいような、
自分の未来像はよく見えないんだけど、
とにかく、認められたいし、成果を上げたい。
それに、もっとできるはずだって感じは常にあるし!
みたいな。

自分というリソースをどこに集中すればいいのか、
わからなくて、苦しくて・・・
やれることはあるけど、
やりたいことじゃない気がして。
無駄だらけの、かっこわるいことばかり。

落ち着いて、そぎ落とせるようになったのは、
やっぱりここ数年なんだろう。

今、時を経て、
やさしい先輩の声もないし、
自分にかけたい声も違う。

「今、やらない理由は?」
と、気がつけば、自分の中で聞こえるようになっていた。

そぎ落とすことができる年齢になって、
同時にいろいろな言い訳もできた。

年齢や家庭を理由にしないこと。
その一歩を誰でもない自分が求めている。

なんだか、やっと、やっと・・・大人になれた気がする今日この頃。
遅いだろうけど、あたしのペースなんだろう。
posted by haru at 11:56| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。