2010年03月06日

ビッグ・オーはいる

やっと週末・・・でもやること山積みです。
まずは疲れをリセットと、朝風呂を沸かし中。

さて、先週末の SCHOOL OF 未来図のフォーラムの記事が、
早速「日経AssocieOnline」に載りました。
主催の高橋俊之さんの『ロジカルシンキングの達人になる』という連載の中で、
「やりたいことを仕事にする」がテーマ。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/nba/20100304/214030/

イベントへの参加は、とてもいい経験でした。
自分がここ数年行ってきた棚卸しをもう一度振り返ることができましたし、
パネラーのパコさんやイナケンさん、そしてファシリテーター役のToshiさん(高橋さん)にも、
いろんな気づきや共感という勇気をもらった気がします。

記事内にもありますが、やりたいことを探すのは、
まるでジグソーパズルのピースをひとつひとつ探し丁寧に埋めていく作業。
初めは端っこのピースしか見つからず、何が出てくるのか分からない。
これだ!と思っていたモノも、ほんの一部でしかないことに数年後気づく。
そんなことを繰り返し、でもとにかく続けていくことで、
あるとき、「これ」と「これ」ってつながる。
という瞬間がいくつも訪れる。

Toshiさんのピースという言葉で、久しぶりに
ビッグ・オーとの出会い」(シェル・シルヴァスタイン )
を、またまた思い出した。

やりたいこと探しは、いい意味で自己完結というか。
自分の抜けたピースを、自分で充足できることなのではないかと
改めて感じたのでした。

実は数年前にここでこんな記事を書いていた。
何度も考えてきたこのテーマ。
本当にいろいろなとらえ方ができ、私を突き動かし、励ましてくれる本です。
posted by haru at 09:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

【急募】自宅にて中継参加可能!お片付けセミナー&座談会

こんにちは。今日は本当に気候がよくて気持ちいいですね〜♪

そんな中、来週から始まるプロジェクトに、
協力者としてジョインしてくれる方を募集中!
というか・・・急募です!

「お片付け」をテーマに、
以下の日程でセミナーおよび座談会を行います。
リアルな場所は全日渋谷ですが、
自宅PCで中継を観ながら参加していただく実験に
協力参加していただける方を探しています。

「片付け」に興味がある方は、自宅でセミナーを受けたり、集まりに参加することにご興味のある方、ぜひご連絡ください♪

【日程】
3月10日(水)10:00〜12:30 お片付けセミナー
3月16日(火)10:00〜13:00 座談会
3月25日(木)10:00〜13:00 座談会
3月26日(金)10:00〜13:00 座談会

【連絡方法】
ハルの知り合いの方:この記事にコメントいただくか、メールにてご連絡をお願いします。
それ以外の方:Twitterアカウントのある方は@haruega(http://twitter.com/haruega)にダイレクトメッセージでご連絡を。
posted by haru at 13:08| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

進化と復興

忘れないうちに備忘録をと思いながら1週間が過ぎてしまった;
先週末は初めて「ワールドカフェ」に参加してきました。

主催は昨年フォトリーディングの講座を受けた佐貴子さん
テーマは「母性・女性らしさ」で様々な年代、職業、性別の方が集まりました。
くつろいだ雰囲気の中、初めて同士とは思えないほど打ち解けて話ができて、また、気づきもたくさんいただけて、本当に有意義な時間を過ごせました。
フォトリーディング集中講座の時にも感じましたが、佐貴子さんは場の雰囲気作りが天才的だなと思います。
その場にいる全員を瞬時に承認できるんですよね。
講師業が天職の方なんだな・・・と。
あ、ママイキのひろっしゅコーチも同様の才能の持ち主ですね。。。
ほんと尊敬します。

さて、この日は宿題もあって、「ワールドカフェに参加してみてどうでしたか?」という問いかけがあり、改めてまとめたのが以下の文章。
もちろんテーマ「母性」についても感じるところはたくさんありましたが、それは、追って書くとして、取り急ぎ。
ワールドカフェは“ネットの進化によって後押しされた「井戸端会議」の復興”と私の中では一旦定義。
この手の復興(ネット環境が何か原点回帰のハードルを下げるようなこと)は他にもたくさんありそうだなと思います。

-----「ワールドカフェに参加してどう感じたか?」------
“今風”な「井戸端会議」。背景として必然性のある「井戸端会議」の復興なのだなと、理解しました。

現代では、地域に老若男女、様々な職業、視点を持つ人をまんべんなく集めたコミュニティが発生することのは(特に都心では)希ですし、今後もその傾向はより強まるかと思います。

少し前までは、幅広い交流はビジネスを中心に求められました。いわゆる異業種交流会のようなものは、「ビジネス」のネットワークが広がることにより「ビジネス発想のクオリティアップ」が生まれるといったもの。しかし時代が、ビジネス中心から変化し、人生や生活の充実の重要性が問われるようになり、、交流を求めるステージが変わってきたのではないでしょうか。

つまり「個人」のネットワークが広がり、「生活のクオリティアップ」が生まれるというのに移行したんではないかなと。この欲求を具現化する手法として「ワールドカフェ」は受けているんだなと、そんな風に思いました。

ネットコミュニケーションで個人がつながる時代だからこそ、個人と個人が一瞬でつながることへの違和感があまりない(人が増えている)し、瞬時に集客できることから、こういった集まりが可能になったという後押しも大きいと思います。

-----

ワールドカフェは、次に企画したい「ママのキャリアを考える会」のオフ会でも取り入れたいなぁ。

昨日の未来図のイベントでも感じたけど、やっぱり産前産後の棚卸しをみんなでできる場の提供はしていってみたい!
私は特にそういったスキルを持つわけではないですが、場のコーディネートならしていけると思うのです。
そこに集まった人が相互反応で作り上げる手法もあるのだな、とワールドカフェを通して思いました。
posted by haru at 08:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。