2009年10月13日

スタイルと成果

とことん成果に集中すれば
「強み」も「弱み」もただひたすら「やる」だけだ、と気付く
そのとき残るのは「素直な自分の足跡」だから信用できる
だからまた集中できる


先日、こんな言葉を聞いて、深くうなずいた。
自己肯定力の話がいろいろなところで出てきて
そのたびに「どう思う?」「どうしたら育つ?」「どうやったら獲得できる?」
っていう会話を(子育ての会話でも、自分育ての会話でも)繰り返してたけど、
こんな形の答えもある。

ついつい振り返り、自分をよりよくなどと考えると、
スタイル(つまり、見え方、やり方)に集中しがちだが、
結局、自分は自分。
よくもわるくも、どうやったって変わらない。

自分を過小、過大に評価して悩んだり安泰したりに時間を費やすなら、
成果に集中した方が、よほど建設的で健全だ。

昔むかし、予備校の先生が

「大変だ」「がんばらきゃ」なんていってるやつはおかしい。
本当に「大変で」「がんばらなければならない」やつは
そんなこと言ってる間にやることをやるからだ。


って言ってたの、
集中に集中するキッカケとなった好きな言葉だった。
思い出した。
posted by haru at 08:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。