2009年10月23日

脳みその不思議

フォトリーディング集中講座に参加してきました。

フォトリーディングは、
本のページをパシャパシャと写真のように頭の潜在意識の部分に焼付け、
それを引き出すようにして読む方法です。
引き出し方、焼き付け方にコツがあり、
事前に本を読む目的、著者にしたい質問を設定し、
それを意識することで、あとから引き出しやすくします。

1冊にかかる時間は1時間弱・・・
しかも、人に話せるように再構成されて頭に入るし、
自分がどう活用しようかというイメージが湧くし、、、

やー、なんか、宣伝みたいだけど
実際やってみたらできるからすごい!

フォトリーディング=速読法 と思われがちですが、
実際は、
潜在意識の活用と、
(読書だけでなく)すべての行動に対して
自分の主体性を再確認することで脳の働きが全然変わる
それによって気持ちの持ち方も変わる(ネガポジの反転が起きる)、
という点で、深くて面白かったです!!

講座の演出も絶妙で、中野サンプラザの研修室の一室が、
楽しく通いたい空間に見事変身していました。
オモチャにあふれているから最初は馬鹿にしてるのか?!
と思いましたが(すみません)
最終的には講師の佐貴子さんの愛情をたっぷり感じました。
なるほどーーーっと。

なぜなら、講座の間、なぜか中学生くらいにもどった気分で、
超素直になれたから不思議・・・
それに関連してか、
マインドマップの説明を聞いていて思い出したのが、
中学生のころの歴史のノート!!!!

とにかく自分がメモしたいこと、
情報がつながっていると思うことは、
「セロテープで紙を継ぎ足して書け!」
「プリントも全部つなげろ!」

って、工藤先生に教わったんだった。。。

工藤先生はあたしの勉強の仕方を中1で改造してくれた
すごく衝撃的な恩師です。
(だって小学校までバカだった私が
 中学時代だけほぼオール5だった。。。
 そのあと高校デビューして激オチするんですが)

工藤先生のやり方って、マインドマップだったんだ!!
って。今頃・・・。

---

2日間の短い間でしたが、
ものすごくいろんなことを考えました。

潜在意識の存在と能力をどの程度信じるかは自由ですが、
それを感じること=信じること
だとしたら、かなり感じられた2日間でしたね。

そしてこの体験を日々に取り入れつつあります。

↓これ、捨てられなくて置いてある、中学時代のノート。
セロテープは劣化して茶色く崩れ落ちてます。
だって、25年前だもんね・・・

kudou-sensei.jpg
posted by haru at 15:58| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
工藤先生、初めは衝撃的だったよね。
今でも、あのダミ声で教室中をぐいぐい引っ張っていく、
エネルギッシュな授業、思い出します。
あんな先生、今どきいないんだろうな。
私が知っている限りでも、後にも先にも
例を見ない、大人になっても印象的な先生です。

Posted by kae at 2009年10月25日 20:53
今でもあたし
「がまんの『ま』が抜けると『がん』になる。」
という、
よくよく考えるとおかしな(言っていいのか!?)って言葉が
頭にこだまするときがあります・・・
本当に、あのとき習ったことを自分なりに素直にもう一度リバイバルしたいです。
Posted by haru at 2009年10月26日 05:10
フォトリー・・・高いし、二日間みっちり拘束されるし・・・で、気になってはいつつも迷いつづけて早1年超。
この後の生活にも活用できそうですか?
Posted by ふみ@磨き中 at 2009年10月26日 12:00
>ふみさん

私も1年くらい気になっていて。
高いしすごく迷ってました。
実際、周りで受けた人の話を効くと、
活用できている人、活用できていない人いました。

私自身は、応用がかなりいろいろなことに
展開出来ると思ってます。
とくに仕事がネット系なので、
とにかく情報をひろって取捨選択していくのが、おっくうがったら最後、マイナススパイラルなので・・・

例えば昨日もブックマーク整理をフォトリーとマインドマップでやってみました。あと、先ほどの行きの電車30分ほどで、短めの本を1冊読めました。

んーっと、
例えば読まなければならないものを
いやいやではなく、楽しく読むコツといったらいいかもしれません。

ふみさんのつぶやきでマンガのことが書かれていたけど、
次の展開が気になってマンガをガンガンめくってく(細かいセリフや表情、背景は読み飛ばしているけど、のってるから、ぐんぐん入ってきて感動する)って感じと似てるかもしれません!

思い込みといわれればそれまでですが、
思い込むことがいかに大事か分かるといったら
いいのか・・・

んー説明下手ですね。

時間とお金の問題がクリアできれば、
行って損はないと思いますよ♪
Posted by haru at 2009年10月26日 14:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。