2006年02月15日

なまきず女王

― どうしたら、この運命から抜け出せるのか ―
遠い昔、産声を上げたときから、遺伝子に深くきざまれた傷。
そう、わたしは、なまきず女王―。

・・・としか思いようがない・・・
なんで、こんなにころぶんだ!!!!

はぁ〜、久しぶりにやってしまいました。
最近あんまりやってなかったので、油断してました。

ビルの階段を下りた勢いでビルの外に飛び出したとき、
(るるるーん、今日は、天気いいわってな感じで)
何かにつまずいて、思いっきりスライド。

ビルからいきなり女がスーパーマンみたいに吹っ飛んで出てきたのをみて、
通行人は驚き、うずくまる私を取り囲んだ。
「なんだいったい?」「大丈夫ですか?」「こわっ」

は、、、はずかしい。でも、痛くて立てない。

「大丈夫です。大丈夫です。」ひたすら言って、なんとか人に散ってもらったが、
ホントに立てない・・・
やさしいおばさんが最後までしゃがんで待ってくれました。
(おばさん、ありがとう。でも恥ずかしくてお顔を拝見できませんでした。)

そして、ひざをみてみると、ががーーーん!!!!お気に入りのインポートジーンズ(2万円もしたでーーーー)がざっくり切れてます。えーーーーーーーん。
ビンテージに見える??や、見えない!!

それより、なぜ、ざっくり。
おいーーーーー!!地面に金具が出ている。

そして、ひざもざっくり切れてる。くそーーーー。ここまでくると燃えてくる。
即効コンビニ探して、マキロンとバンドエード(L)を購入。
コンビニ前で人目を気にせず応急処置。

ふふふ。手早いぜ。

・・・・・・・・もういや

あたし、確かに不注意です。
でもでも、これは、もう、遺伝子レベルの問題です。(たぶん)
でなけりゃ、私、学習能力なさすぎです。

・平らなところで転ぶ。
・ごみ箱をけり倒す。
・ヒールがなぜか溝や穴にはまる。
・階段から落ちる(最高10段以上)

しょっちゅう。

悲しかったのは、雨の西新宿で、マンホールのちょっとした穴に
細めのヒールがはまり、15分も取れなかったこと。
思い出しただけでもはずかしい。
誰かと待ち合わせしているフリして直立しながら、心で叫けびました。
なぜ!!!なぜ私だけ、こんな小さな溝にヒールがはまるの!!!!

あたしと同じこの種の遺伝子をもった人がいたら、
たぶん一晩語り明かせるだろう。

直せるもんなら直したい。

けど、きっとこういう欠点が、案外長所を支えている要素だったり、
なんかの才能に結びついているのだろう。
(ん、よし、ポジティブに結びついた)

posted by haru at 12:04| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(^^)

私の今日の初笑いを提供してくれました。

一つの才能でいらっしゃいますm(__)m
Posted by nomoyan at 2006年02月15日 12:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13311556

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。