2010年09月25日

没頭するチカラを引き出すには?

お久しぶりです!
久しぶりに子育てについて。

当たり前だけど、子どもが小さいうちは、
成長観察や健康維持が一番の課題。
でも、小学生にもなると、
この子の素質はなんなのか?
どうしたら伸ばしてあげられるのか?

に課題も移ってくるよね・・・と昨日、ランチをしながら
仕事仲間&ママ友のIさんと。

ムスメは早くも小3です。この間入学したと思ったのにね。(早いっ)
私と違って、すごく内向的な子なので、
目立つこともなく、高い評価、低い評価を受けることもありません。
友達を増やすこともしない、だから人間関係でトラブルになることもない。
その分、というのか、内に秘めたものをすごく感じます。

・絵を描くのがすき。
・工作がすき。
・算数が得意。
・つくり話を始めると止まらない。
 (私が途中で聞くのを諦めるくらい)

身体を動かすことを一つは、と思い、バレエを続けてきたけど。
ここに来て、この特性をどうやって伸ばすべきなのか、
本当に悩んでしまいます。
他に習い事を始める?でも、それは何?それに、これ以上忙しくするの?

私が必要と考えているのは、
とにかく何かに没頭する時間をしっかりとること。
つまり夢中になることをできるだけ経験すること。

でも、それが何かが分かりません。

そんな中、近所のママにある造形教室を紹介されました。
月に2回、1時間半かけて、何でも好きな物を創るアトリエ。
様々な材料や画材が揃っていて、なんでも好きに創れます。

先生は何かを教えるのではなく、
その子の創作をサポートし、観察してくれる。
上手になる場ではなく、自分の中にある創作力を自由に発揮するところ。

おもしろいのは色彩心理をもとに、その日使った色や様子で
親にアドバイスがもらえます。

アートセラピーの効果もあるらしく、
紹介してくれたママが言うには、帰ってくるといつもスッキリしてくるそう。
そして、体験から帰ってきたムスメはその通り、
スッキリ、ご機嫌モード全開。何より目がキラキラしてました。
久しぶりにこんなムスメの表情をみたな、と私もうれしくなった。

そして、その創った工作の家を眺めながら、
その家に住んでいる女の子の話を延々しているのでした・・・
(これも、途中で聞くのを諦めるくらい長かったです(笑))

201009231102000.jpg

あらためて『習い事』をさせたいわけではないのだよな・・・
と感じ。しばらくアトリエに通わせてみようかなと考えています。

しかし、寒いな。
posted by haru at 09:29| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど〜!課題はそうやってうつっていくんですね。
haruさんの娘ちゃま、お料理も上手じゃなかった!?何かを創り出すのが好きなんですね。そのアトリエ、よさそう!
Posted by 春風305 at 2010年09月29日 22:33
>春風305さん
こんにちはー。
そうそう、書き忘れたけど、料理も好きですね。
インスピレーションで作るので、レシピとか気にしないタイプです。
私は真逆で、レシピ通りに作りたいタイプだった。(中学生のころ、お弁当を自分で作っていて、「みみかき一杯」なんて書いてあると、マジで料理用の耳かきを買いたい!とか考えていた)
アトリエは、本部が青山にある『こどものアトリエ アートランド』というところです。
全国に提携アトリエがあります。
http://www.art-land.jp/index.html
Posted by haru at 2010年10月01日 10:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163690287

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。