2010年11月30日

こころの風景

ランチにゆっくりひとりで食事をしたくなり、
久しぶりにちゃんとしたお昼ご飯をレストランでいただく。

通された席の横の柱に、一枚のさりげない写真。
なぜか目にとまって、じっくりと眺めていた。


心地よく薄暗い部屋の
少し離れた位置にある明るい窓

2階か3階かな?
外には隣接する家の屋根がならび
煙突からあたたかな煙が立つ

その屋根の向こうには
針葉樹と古くて白い壁

そして壁の向こうのもっと遠くに
教会の屋根がうすぼんやりと、でも大きく見えている



こころの中の奥行きのように感じ、
しばらくぼーっと見入ってしまった。

最近遠くの景色を眺めていないな・・・
というときは、
だいたい、こころのそういった階層の奥底までがあることを
忘れているときだな、とか思う。

こころの景色をたまには眺め、ぼーっとする時間も大切。
教会の屋根はみえる?って。
posted by haru at 16:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171274563

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。