2006年05月16日

ネックレス

中央線から外を見ながら、
「バイト先の人が、この奥の飲み屋につれてってくれたっけ」
「あの店で、脚本や衣装の打合せしたなあ」
「営業で暑い中、あの道歩いてたっけ」
なんて、少し昔のことを思い出していた。

随分、危なっかしかったり、未熟だったり、想いが熱すぎたり。
でも、そうだから手に入れられた経験や感覚や出会いがいくつもある。

なんか、毎日って、
小さないろんな色のビーズをひとつひとつ糸に通しているような、
今もその続きだな、なんてイメージが浮かぶ。

そのときはキレイでない色も、あるとき突然輝いたり。
そのときは宝物のように見えたものが、まったく色褪せて見えたり。

そうやって、ずーーーっとビーズをつなげて、
ネックレスのようなものを作っていて、
今はちょうど真ん中に差し掛かった、
一番重要な目立つ部分な気がする。

今までで分かった、私だけの「目」を使って、
厳選した、大きな粒を、たっぷり真ん中にあしらいたい。

そして、ずーっと経ったら、もう一度、小さくてシンプルで、
子どものころ集めたみたいなものを集めて、
それで、私のネックレスが完成するんだ。

・・・電車から外をみながら、10分ほど、そんなこと、ちょっと考えてた。


posted by haru at 07:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17873186

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。