2007年11月24日

月光浴

本日満月につき おなかを抱えて月光浴

もう赤ちゃんのあたまが
骨盤の真ん中にしっかりと押し付けられているかんじ

誰に教わったわけでもないのに
彼はスタートラインで効き足を前に腰を浮かせ始めている (えらい!)
誰に教わったわけでもないのに
私はそれをぐっと押し出す準備をし始めている (えらいかも!)

ふたりでひとつのからだを共有しているんだ
どちらかが取り込まれているワケでも
どちらかが取り込んでいるワケでもない
ただふたつのいのちが膨らんで 完全に重なり合っている
まんまるお月様みたいに

スタートを切った瞬間から 少しずつずれ始めるんだろう
ムスメは今 どれくらい重なっているのかな?

突き放さないでいたいし 引き止めないでいたい

ただ 完全に重なりがなくなっても
しぼむんじゃなくて ふっくらとまんまるでいたい
満月みたいに
posted by haru at 20:23| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
haruちゃんのこういう詩人のような言葉を積み重ねるような日記、とても好きよ☆

もちろん、ドタバタ日記もおもしろくて好きだけど・・・(笑)

ふたつのいのちがまんまるお月様みたいに重なり合ってるって思うと、妊娠ってほんとに神秘的でステキだなぁって憧れちゃう。

Posted by sen at 2007年11月26日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。