2008年04月14日

人生の演出家

ブログ、更新ストップしてましたが、ムスコの急な入院、ムスメの卒園・入学と、
忙しいこと続きでして、ムムム。なんかすごく参ってました。
休日に久しぶりにビールを飲んで復活ビール
ねぎらってくれたパパ、ホントありがとう。
---
学生時代のバイトで、
競馬の有料予想放送のアナウンス
というなんとも怪しげーなお仕事をしていたあたし。
その世界では結構有名な四柱推命の占い師が出す予想を、
舌をかみそうな馬の名前といっしょに読み上げる。
変な馬名を読むとき笑いをこらえるのが、一番大変でした(笑)

ある日、雇い主の業界出身かるーい社長さんに
「この先生の占いマジで当たるよ〜キミも占ってもらいなよ〜」
といわれ、占ってもらったことがあった。
もともと占いに興味がないし、気にしたことがないので、
後にも先にも直接占い師に占ってもらったのはこのときだけ。

結果はよく覚えていないのですが、
キミはひとことでいうと『人生の演出家』だ。
と言われたのだけ、脳みその底にインプットされた。

もともとお芝居の脚本を書いたり演出をしていたので、
物事を起承転結で考えることが多い。
そうすることで状況を楽しんだり、計画を見直したりできる。
いろいろ考えるときに無意識に身についた
ちょっとした「あたしメソッド」なのだ。

やー、ホント今、人生の 『転』 な感じ。
まあ、転機というのは大きいのから小さいのから、
人生の中にはいっぱいあるとは思うのですが。
思ったよりは充実してるけど、目標には届かない。
ハンドルを切ってる感あり。思ってたよりアレレ、重い。
そういえば前に「ネックレス」という記事でブログに、同じような想いを書いてる。

来月で36になります。
自分の人生を演出しているっていう視点は、ずっと持ち続けたい。

---
追伸:
ムスメの小学校入学で、いろいろ大変。
やー正直こんな大変と思ってなかった。
写真は、「あさおきたら・・・」「かえってきたら・・・」リスト。
リビングの玄関扉脇にはりました。
もう自分でなんでもできるようになったなぁなんて思ってたけど、
朝の短い時間に次をイメージしながら支度を順番にこなすって
6歳にはまだ難易度高いみたいです。根気よくつきあいたい。
dolist.jpg
※水色のクマは本文とは関係ありません(ムスコの愛用品)




posted by haru at 10:46| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんなバイトしてたんですねー。かなりあやしげ。忙しいとは思いますが『人生の演出家』さん、頑張ってください!
Posted by 春風305 at 2008年04月14日 22:21
おお!この字、台本の文字だ。懐かしいー。
十年以上経っても人の字はそんな変わらないんですね。
Posted by よしP at 2008年04月15日 09:42
>春風さん
怪しいバイトは数々したのでそのうちのひとつなのだ。
一番危険だったのは、池袋北口の量販店での販売員。お客さんが・・・発砲事件も多い土地柄でしょうか?危険人物多かったです(汗)鍛えられました。
Posted by haru at 2008年04月18日 11:31
>よしPさん
おおお、あたしも懐かしくなってきた!
そういえば、仮台本とか、即興のテーマとか、構成表とか、よく手書きで出してたね。
手書きって、(あたし、字きたないけど)いいよね。
Posted by haru at 2008年04月18日 11:32
(いまさらだけど・・・)
確かに!haruさんの字だ。
なつかしい。
一番思い出すのは「制作分担表」だよ(笑)
Posted by まり at 2008年04月28日 02:55
「制作分担表」って・・・
よく覚えてるねそんな名前(笑)
あのころPCとか持ってなかったもんね。
制作作業も時代でえらく変わってるんだろうか・・・?
Posted by haru at 2008年05月02日 08:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93317926

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。