2010年09月25日

没頭するチカラを引き出すには?

お久しぶりです!
久しぶりに子育てについて。

当たり前だけど、子どもが小さいうちは、
成長観察や健康維持が一番の課題。
でも、小学生にもなると、
この子の素質はなんなのか?
どうしたら伸ばしてあげられるのか?

に課題も移ってくるよね・・・と昨日、ランチをしながら
仕事仲間&ママ友のIさんと。

ムスメは早くも小3です。この間入学したと思ったのにね。(早いっ)
私と違って、すごく内向的な子なので、
目立つこともなく、高い評価、低い評価を受けることもありません。
友達を増やすこともしない、だから人間関係でトラブルになることもない。
その分、というのか、内に秘めたものをすごく感じます。

・絵を描くのがすき。
・工作がすき。
・算数が得意。
・つくり話を始めると止まらない。
 (私が途中で聞くのを諦めるくらい)

身体を動かすことを一つは、と思い、バレエを続けてきたけど。
ここに来て、この特性をどうやって伸ばすべきなのか、
本当に悩んでしまいます。
他に習い事を始める?でも、それは何?それに、これ以上忙しくするの?

私が必要と考えているのは、
とにかく何かに没頭する時間をしっかりとること。
つまり夢中になることをできるだけ経験すること。

でも、それが何かが分かりません。

そんな中、近所のママにある造形教室を紹介されました。
月に2回、1時間半かけて、何でも好きな物を創るアトリエ。
様々な材料や画材が揃っていて、なんでも好きに創れます。

先生は何かを教えるのではなく、
その子の創作をサポートし、観察してくれる。
上手になる場ではなく、自分の中にある創作力を自由に発揮するところ。

おもしろいのは色彩心理をもとに、その日使った色や様子で
親にアドバイスがもらえます。

アートセラピーの効果もあるらしく、
紹介してくれたママが言うには、帰ってくるといつもスッキリしてくるそう。
そして、体験から帰ってきたムスメはその通り、
スッキリ、ご機嫌モード全開。何より目がキラキラしてました。
久しぶりにこんなムスメの表情をみたな、と私もうれしくなった。

そして、その創った工作の家を眺めながら、
その家に住んでいる女の子の話を延々しているのでした・・・
(これも、途中で聞くのを諦めるくらい長かったです(笑))

201009231102000.jpg

あらためて『習い事』をさせたいわけではないのだよな・・・
と感じ。しばらくアトリエに通わせてみようかなと考えています。

しかし、寒いな。
posted by haru at 09:29| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

とにかくまとめる。

去年作った自作手帳リフィルの改訂をしようと思って、
移動中に案をあれこれ考えてたりしていて、楽しい。

A5手帳にすべてをぶち込むスタイルは定着しつつあり、
特にA4プリント類で重要なものは仕事も、子どものお手紙も2つ折でたたんで入れる。
その効果は絶大で「あれ?あれに書いてあった(おいた)けどなんだっけ!?」
という時間とストレスはかなりなくなった。

課題としては自己ブレストするページがない点。
とにかく書き出すのは、大きめなものがいいという理由で別ノートにしていたけれど、
これだと結局、手帳(=行動設計)と連動しない!ということが、使ってきて分かったこと。

自己ブレストからまとめ、スケジュールに書き込み、
ずれてきたら、またブレストにもどす
というのをできるページを増設予定。

いかなる理由があっても、
とにかく1つにまとめる
ことにこだわったほうがいい気がしてきた。

---
先日、実母からプレゼントでバッグインバッグをいただく。
母が使っていたものがかわいかったので、
いいなーと言っていたら、色違いをプレゼントしてくれたのだ。
財布、筆記具、鍵、カードケース、携帯、リップクリーム、グロス、ハンドクリーム、バンドエード、ティッシュ、i-pod、ICレコーダ、、、
など、コンパクトに一つにまとまる。
そのままかばんにポン。これは結構いい。
baginbag.jpg
---

とにかくまとめるんだ!
散らばっていると集めるのに時間がかかる。
シンプルだけど一番の効率化かも。

ところで・・・ムスメが本日よりインフルエンザにきわめて近い風邪を引いています。
発熱から医者につれていくまでの時間が短かったから、
検査は陰性でしたが、症状はまさにインフルなので
タミフル処方されました。。。

かわいそうに。。。絶対うつらないぞ!!

いまさら、ムスコと同じコップでうがいさせていたことを後悔(遅っ)
posted by haru at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

素敵なミッションに賛成

ムスメのバレエの発表会の楽屋に、豪華なお弁当を持ってきているママがいて。
あたしなんか、コンビニでおにぎり買ってきてたダメママなんで、
(だって朝早い入りだったんだもん)
「すごーーーいいいい!!」と感動してたら、
「これ、パパが作ったの」って!!!!!
なにーーーーーーー!!!!
いいな。

ということで、先日の「料理にみる仕事スキル」を読んでいただき、
ワークライフバランスをテーマに学び、お仕事されている
友人のらっくさんから、こんなお知らせが舞い込んできました。

□■ 日本ワークライフバランス研究会 2009年第五回勉強会 ■□
■■『料理力は仕事力!』男性のための料理教室■■
http://maglog.jp/worklifebalance/index.php?module=Info&infid=20954

あるリソース(冷蔵庫の材料・予算)を活用し、クライアント(家族・友人)に、
限られた時間の中で、問題(お腹が減っている・美味しものを食べたい)を
解決(料理)し、目標達成(笑顔)してもらう。

まさに「料理力」は「仕事力」。

ビストロパパ流!
クライアントが必ず笑顔になる「料理力」伝授します!

パパ料理研究家 滝村雅晴

---
このパパ料理研究家の方、ブログをみると、

Mission
「パパ料理を通して家庭の幸せを創造する」

だそうです。
いいですねーーーーー賛成!!すごく幸せになれそう。

っということで、早速ダンナに伝えよう。
posted by haru at 13:15| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

ストレス耐性の育て方

ムスメのバレエのレッスンが、ますます厳しいです。
帰り道「今日は誰が泣いた」とかいう話題が定番化してます。

先生、こんな感じです。
「泣くんなら、涙がでるくらい努力してからにしなさい」
「悔しいっていうのは努力した人が言えるんです」
「泣くぐらい努力したの??してないでしょ」

んー、ナイス。
こういう叱り方は学校の先生はしてくれません。
なんでもほどほどにしないと親からクレームがきますから。
だから、習い事でこういう機会があるのはありがたい。
親でない大人に叱られる経験が、昔に比べるとすごく減ってるし。

漠然と「打たれ強い子」になってほしいとは思っても、
具体的にストレス耐性をどうやって育てていくか?って難しい。
どこまで叱る?どこまで甘えさせる?ってやつですね。

親子の関係ですべてを調整しようとするのは無理です。
外で叱ってもらって、うちで甘えさせる。
うちで叱って、外で甘えさせる。
ていうのとミックスしてかないと。

結局ストレス耐性鍛えるには、
ストレスを与えていくしかないんだよね。
様子を見ながら。

なんだか、免疫力とも似てるよね。
免疫力も、適度に雑菌に触れないと育たないからね。

除菌、除ストレス、のリスクを考えて子育てしよう!
posted by haru at 22:44| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

夕食前のとほほ

久々に、やっちゃいました。

夕食を作っている間、ムスメに宿題しときーというと、
「漢字ノートがなーい」って。
そうだ!「買ってきて」って言われてたの、すっかり忘れてた;

すでに部屋着に着替え、髪もぐるぐるっとまとめてクリップ留めの状態だったが、
とりあえず、ボトムだけそこらへんにあったジーンズに着替え、
一番近所の文房具屋にチャリをかっ飛ばすことに。
あそこだったら、3分でつくし、往復10分内。

っと「いってきまーす」と飛び出したところで気が付いた。
上のTシャツが短めで、履いたジーンズがローウェスト。
下に来ていたキャミソールが、おなかあたりでてろーんって。
おいおいひどすぎる!
けど、文房具やのおばちゃん一人に会うくらいいいやー
っと、自転車かっ飛ばし到着すると・・・
およよ暗いぞ。

がーん
しまってる。

仕方がないな、ちょっと離れた西友か・・・
駅に近づいて人が多いけど;
まあ、このレベルのすっとこどっこいな格好と、
おばちゃんヘアは西友なら許される。
ちゃちゃちゃっと行けばなんとか。
てか、とにかくゲットで早くかえらねば。

っと西友に到着。
ベルトなしのジーンズがなんかズリズリ落ちてくるが
エスカレータを小走りにおなかを隠しながら駆け上がり、
着いた文房具フロアは・・・
改装前の在庫整理中。

がーん
指定された漢字ノートなし。

ってことはぁ〜

駅前ユザワヤに?!
行くの?!この格好で行くのか!?

この時点で悪いことに、自転車ダッシュのおかげで
髪の毛はさらにほつれてバサバサっと
非常に貧相な感じに。

もう仕方なく行きましたよ。ダッシュで。

キャミてろ〜ん
ベルトなしジーンズズリっ
髪の毛バサバサッ
まだ駐輪場は混んでる時間で違法駐輪→ダッシュ→店内怪しい小走り。

あああ・・・やだやだ。
久しぶりに、いい汗やな汗かきました。

かくして、ムスメ無事に宿題終わる。
とほほ。
posted by haru at 23:04| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

かんがえちゃうなー

もうそろそろ、法人化しようと思って3ヶ月。
なかなか踏ん切りがつきません。
それもこれも、どちらかというとプライベート部分で、
仕事シフトが子どもにあたえる影響をどう自分なりに解釈して、
消化して、還元できるだけの行動をできるか、という。
そのイメージが湧かないならやれないでしょ、とどうどう巡り。
フリーズしたまま、時間ばかり過ぎてってます。いかん。
「後悔はあいまいに比例する」って書いてあるじゃないか!!
どこに。ブログのプロフィールに!!←

そんなとき、ムスメが学校から持って帰ってきたプリントの中に
「わたしの発明」みたいな制作物があって。
こんなものがあったらいいな〜を図と機能説明で書いてみよう!
というものらしいのですが。。。
ムスメが書いたのこうです↓

はつめいひんの名前:しごとロボ
はつめいしたりゆう:ママがおしごとでこまっているからたすけてあげるためです。
こんなことができます:
・おしごとをすることだけしっています。
・つめのようなものでしごとをおわらせます。
・5びょうでおわります。
・たまにいえをとびだすときがあります。
・だけど10びょうでもどってきます。
・口は、いえでしたときあかくなります。

仕事を家でしてるので、そりゃあ、家でテンパってるときもあるけど。。。
かなり絞った仕事でこれだからね。
もっとやったら、もっとすごい姿を見せることになるし、心配かけること必須。
それだったら出勤した方がいいんじゃないとダンナはいうけど。
それはそれで、寂しい思いをさせるし。
でもそんなこと言ってたら腰上がんないし。
でも子どものことは一時期だったりするから、
言い訳にするくらいならもう少し仕事の方を我慢すればいいんじゃないの、
とか自問自答。

時々家出する口が赤くなるしごとロボか…
んーかんがえちゃうなー

200909241444000.jpg
posted by haru at 14:51| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

言い表せないキモチ

数日前、もう一人の祖父も続けて死去しました。

知らせを聞いた夜、なんだろう、つわりのときと同じ変なゲップが出始めた。
精神的なものなのか、すすり泣きで空気がおなかに溜まったか?
不思議だけれど、生死にかかわるような何か大きなものに
身体が反応したようにも思った。

湧き出るように思い出が巡った。

母の父である祖父は、初孫である私にとてもやさしかった。
5月生まれの私を抱いて、なぜかいつも子守唄に「ひな祭りの歌」を歌っていたそうだ。
遊びに行くと、かならず家の外で待っていて、
帰るときには見えなくなるまで送ってくれた。
昨年まで、毎年この季節になると大きな箱でりんごが届いた。
「りんごが赤くなると医者が青くなる」って。
食べきるために毎朝食べ、ジャムにし、パイを焼いたりした。

母はいつも私に、若い頃祖父がいかに厳しく自分を育て、
自由を許さず、干渉したかを話した。
だから私には干渉せず、自由に育てたいと。

けれど、今、いくつもの思い出やエピソードをたどれば、
それは、祖父が一人娘の母を人一倍大切に思い、大事に育てていた証拠だ。

人生には、何十年も経って、わかる愛情がある。
子どもを産むことで、親の大変さを知り、
親を失うことで、その愛情を知るんだろう。

続けて2つの葬儀を経て、
一つの人生が終わった儀式とも感じなかった。
一つの人生は完結することなく、
確かにつながっているものなのだろう。

自分の最後をイメージし人生のプランを立てろという自己啓発書もある。
けれど、本当の人生の最後ってそういうものじゃないんじゃないか?
違う価値を強く思った。
posted by haru at 00:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

夏が終わる

書斎のすぐ脇でセミが最後とばかり鳴いています。

すこし窓から空気が流れるたびに、
あぁ夏が終わるんだなって、
少し名残惜しいキモチに。

子どもの夏休みに付き合うのは、大変だけど、
やっぱり楽しいことが山ほどあった。

ムスメが7歳でムスコが1歳の夏はもう二度とない。
そんな当たり前のことにちょっと涙がでそう。

子どもの成長は、うれしいけどちょっとさみしい。
夏が終わるときのせつない感じと似てるなぁ、
と、思うのです。
posted by haru at 11:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

BGMを聴きながら

ついに夏休みに突入しましたぁ。
ムスメの「ねこふんじゃった♪」をエンドレスで聴きながら、
仕事してると、なんだか頭がこんがらがってきました〜(泣)
教えなきゃよかった!?
charaimg_01.jpg
今年の夏のムスメのブームは、『めちゃモテ委員長』です。
このアニメ、結構あたし的にもヒット。
'小学生版女性の品格'
といったら言い過ぎだが、(てか、読んでないけど)
プリキュアしゅごキャラよりずっと実のある
ちょっと気の利いた女子が知っとくべきテクニックをご紹介!
「夏の旅行のかばんのつめ方」とか、ムスメに教わってます(笑)

夏休みはまだまだつづきますわっ おーほほほほほっ
posted by haru at 10:14| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

ムスコはどうなった!

てんでムスコをブログに登場させてなかったので、
ムスメちゃんの料理はいいけど、ムスコはどうなった?
と友人から。

そうなんです。それには深い理由が・・・
だってぇ〜かわいすぎるから。

パパのことをブログに書くのに抵抗があるように、
ムスコのことも書いてるうちに、すごくのろけっぽくなっちゃうんじゃないか、という恐怖感が。

友人の男の子をもつママがよく
「小さな恋人だよー」みたいなことを言っているのを聞いて、
内心「それは、ちょっと気持ち悪いでしょ」
などど、思っていたあたし。

ごめんなさいm(_ _)m
おっしゃるとおり、まさに・・・
恋人がここに!!!!!!
shoe090612.jpg
※重い荷物も全部持ってくれるのさ。すくすく成長中であります。
posted by haru at 16:40| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

家族にとって大切なこと

家族にとって大切なことって、
あたしが笑っていることなんだ、

最近何度も何度も思う。

自信家なので・・・
いろいろなことが「できている」と思っていたし、
実際「できていた」

でも「笑っているか」は別なのだ。

できていなくったって、
笑っていられればよかったときだって、
たくさんある。

そして、ホントは笑うことなんて、
簡単なのだ。
とも、気付く。

鏡を見よう。
みんな、どんな顔が好き?って。
posted by haru at 00:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

ママ厨房に入るべからず

ムスメが近ごろ料理好きで、いろいろ作ってくれます。

『ママは出てって!!』とキッチンでひとり・・・
出てくる料理はちょっと・・・いや、かなり、ラブリーです。

おいなりさんにハートのハムがのっていたり;(左)
カレー風味ライスとケチャップ風味ライスが2段になってデコレーションされていたり;(右)

今はまだまだ、あたしが後片付けで大変なのですが
このまま料理に目覚めて、夕食担当してくれないかなぁ。
仕事から帰ってきたら、ムスメが「ママ、ご飯できてるよ」なんていってくれたらステキだなぁ〜(妄想)

200905181904000.jpg   200905131929001.jpg
posted by haru at 12:29| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

葱と生姜と春キャベツ

友人からうれしい知らせが相次ぐ。
みんなそれぞれ新しい春を迎えているんだなぁと、ニコニコになる。
あたしもムスコがしっかり育ってくれているし、ムスメももう2年生ですから(驚)
この春は一つの区切りで次ステップに行こうと思う。

昨年秋から仕事復帰したとはいえ、
フリーで調整ができるし、例の子どもの病気の嵐とか含め
昨年度はかなり育児・家事シフトでやってきた!
そのため、至るところでおかしな現象(?)が。

仕事で「上半期」と言うつもりが「午前中」と口走ってしまった。
→毎日「午前何する」「午後何する」っちゅう近視眼的な生活してますから。

ホワイトボードに「閲覧者」と書こうとして「閲覧煮」って書きそうになり、ひそかに焦る。
→離乳食はほとんど煮物。保育園の連絡帳に「煮」と書くことが多かったためと思われる。
もちろんすぐ消す。

仕事帰りに買い物リストを頭の中で復唱し続けていたら、ばったり会った知人の名前が全く出てこない。
→「葱と生姜と春キャベツ」と唱えすぎて、もはや、葱と生姜と春キャベツ以外に思考が展開しないでフリーズ; 笑ってごまかす。

そんな愛くるしい日々から、、、もう少し脱出しっっっ
シャッキリしたいなーという、今日この頃です。
posted by haru at 00:46| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

ネットはツールじゃない。

仕事柄「ネットはツールですから…」みたいな言葉はよく口にしてきたけれど、
最近「ネットはツールではないな…」と思うようになってきました。

例えばお金が世の中にできたときはツールだったのに、
それが今ではコントロール不可なお化けみたいになって生活を脅かしているみたいに、
ネットもいつか「何でもっと規制しなかったんだ!」となる日がやってくる。
そんな気がしてしょうがない。

そんなことを考えたのは、連休にムスメに携帯を購入したから。
もちろん防犯用として。(おけいこの行き帰り用です)
ネットとメールは制限し、させません。

子どもに携帯を持たせるかどうか?という議論は大阪府の話もあって、いろいろなところで活発ですが、要は
『ネットコミュニケーションが心の成長にどういう影響をあたえるか?』という、、、
論点はその1点に尽きると思います。

体の成長が未熟という理由で、たばこやお酒を制限するのと同じで、
心の成長が未熟という理由で、ネットコミュニケーションを制限するのは、
全然アリだと思うし、それが心の健康を守ることだ、と、
個人的には思います。

少し前に香山リカが、子どもにとっての携帯やネットについて本で書いていて、すごく腑に落ちた表現は、携帯やPCから離れられない少年少女にとって
「ネットは鏡」「ネットは居場所」という言葉。

現実世界で自分という存在やその居場所を未確認・未確立のまま、
ネットに先にそれを求めることは、
非現実的な感覚や価値観を中心にした不健康な心を育てる…そんなように思います。

---メールの返信が来なくて不安になる。
---ブログに書かれたことが自分のことのようで気になる。
そういった大人でも心がかき乱されるようなコミュニケーションは
未発達な状態には絶対向かないよ〜。
ツールだといって与えられたら、どれだけ苦しむでしょう?!

だから、ビジネスでは「ネットはツールです」というシーンがあっても
教育では「ネットはツールではない」と教えるべきだな、
とそう、真剣に考えちゃいます。

やっぱり
ネットはツールじゃない。
posted by haru at 15:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

子育てオーナーはだれ?

子育て支援の充実が進む中、
正直、便利すぎてもおかしいと思う。

どんなに長時間でも預けられる。
病気のときも誰かが看てくれる。
それって本当に『充実』しているのか?
何でもそうだけど、便利すぎると人は鈍ります。
便利になればなっただけ、利用しない選択が難しくなる。
それって、母性の鈍った女性が量産される社会なんじゃないか?!

仕事も大事、とっても分かる。
職場の環境、締め切り、取引先とのアポイント、
プレッシャーの毎日のつらさも身にしみて分かる。

それでも、やり遂げたい、進みたい。
とってもとっても分かる。

でも、最近つくづく感じる。
変えなければいけないのは、「子育て」ではなく「働き方」ではないか。

子どもも母性も大事にしながら
自己と社会のかかわりも大事にできる。
母親でも胸を張って『自己実現』が追える。
そういう社会にしたい。

頼ることも大事だけど、
どうしたって子育てのオーナーは自分。

「自分が一番しっかりみている。」
そう自信を持って言える親があふれていなければ、
「みんなで育てる社会」なんて実現しない。
posted by haru at 11:25| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

7歳になるあなたへ

少し前のことですが、ムスメが7歳を迎えました。
小学校入学からもうすぐ1年、随分精神面が変わってきました。
成長は、うれしい反面、どこかさびしいのも正直なところ。
そして、子育てがますます難しくなってきたのも感じます。

成長することって、葛藤なんだなー。
と日々感じます。

なまけたいけど、がんばらなきゃ。
わがままいいたいけど、がまんしなきゃ。

そんな毎日の葛藤を、たくさんたくさん見ています。

ときにはしっかりしかり、
ときには甘やかして、緊張を抜いてあげる。
とても難しく、とても大切なこと。

7歳になるあなたに、おもちゃでないプレゼントをと、パパと用意したのは、
ロフトのいらないものを整理し、工作材料や道具を集めた『工作部屋』
画用紙、色紙、色鉛筆、絵の具、空き箱、ペットボトル。。。なんでもご自由にお使いください!
工作が大好きなムスメに、思いっきり没頭できる空間をプレゼントというわけ。

自分の好きなことにたっぷり向き合って、
いろいろ感じてほしい


下の子も小さく、なかなか構ってあげられないけど、今のママはそんな想いです。
喜んでもらえたかなー。

IMG_1221.JPG
posted by haru at 11:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

いい子?わるい子?

ムスメは公立小学校に通っています。
よく仕事仲間などの先輩ママから
公立小学校の教育の質に愕然として中学は私立受験は絶対!
みたいな話も聞いていて、入学前はやっぱり少し不安でした。
でも去年あった説明会の校長先生のお話は、ちょっとよくて安心できた。

---
以前ある先生からこんな相談を受けました。
すぐに叩く暴力的な子がいて、注意しても直らず困ってるんです。
私はまず、しっかりと時間をとって話をしてみたらどうかと言いました。
しばらく経って、またその先生が相談に来ました。
「校長のいうようにしっかり話をしました。でもまたすぐに叩くようになってしまいます。
私は言いました。
「ってことは、しばらくは叩かなかったってことでしょ?」
「はい」
「話をしたのはいつ?この日は叩かなかった。次の日も?じゃあ○。
 次の日叩いたの?じゃあ×。その次は?」
そうやって○×を書いていくと、○○×○××○・・・というようになる。
×ばかりみていて、○がみえなかったのでしょう
 毎日×だったのが、○が出てきたんだからすごい進歩じゃないか!」

教育とはそういうもんです。
誰かがわるい子、誰かがいい子ということはないんです。
みんないい面、わるい面があり、成長のなかでいい面をいかにたくさん出せるように訓練していくかということなんですね。
ある日いい子に変わるなんてことはありえない。
みな、ゆっくりと時間をかけて「いくらかまし」になっていくだけなんです。
---

この「いくらかまし」というのがツボでした。
だって自分だって、30年かけて、いくらかましになってきたな、と最近思うもの。(笑)

ムスメがイライラしてあたしに当たるとき
ほら、わるいこが出てきたよ
あたしもイライラしてムスメを無意味にしかってしまうとき
わるいママが出たね。ごめんね
友達にいやなことを言われたと相談してくるとき
わるい○○ちゃんになってたんじゃない?すぐにいい○○ちゃんにもどるよ

応用がきく。
posted by haru at 10:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

年末クライマックス!!!!!!!

ムスコの中耳炎が大変だった話は先日書きましたが、 ← 10日前
終息に向かった矢先にムスメがひどい風邪をひき、 ← 9日前
そんでもって、ムスメの風邪が治ったその2日後に ← 5日前
なんと、あたしがノロウィルス感染! ← そんな〜;
っと思ったら、パパが珍しく早く帰宅! ← やな予感。やっぱり!
パパ吐きまくりで涙の夫婦(めおと)感染 ← 読み方なんてどうでもいいっしょ。
そ、そして・・・ついに今朝ムスコが吐く ← ってことは・・・
今晩、、、ムスメはすやすやサンタを待っております。。。
や、なにか違うものの足音が。。。
だって、ケーキ残したぞ、どう考えてもおかしい。。。

涙の年末。2008年、クライマックス。

イブっすけど、パパは残業。
あたしはひとり、ムスコとムスメの寝息に耳を澄ます。。。
お願いーくれぐれもスヤスヤっとねぇ〜〜〜

追伸;
みなさまにしたお約束を、引き続きキャンセルもしくは後ろ倒し進行することになってしまっており誠に誠に申し訳ございません。
もはや、状況報告をすると「次々に親戚が亡くなる人」みたく思われるレベルになってしまい、細かくはご報告していませんが、この場を借りて。
本当にごめんなさい!!!!m(_ _)m
posted by haru at 00:30| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

禁断の代行サービス

うふっ
ついに手を出してしまいました・・・。
禁断の家事代行サービス。

なぜ禁断かというと、
そこは自分でやろうよ的な美学(?)が自分の中にはあって、
「ママ、お金払ってひとにやってもらってるの」っていう姿は、子供に絶対みせないわ。
とか、思ってたんですが;

でも、どうしてもっっっ
お風呂のタイルの水アカとかびるんるんが取れない!!!!!!!
入るたんびにイライラする!!!!!!
(こんな自分もキライ)

で、
おそうじ本舗」さんに来てもらいました。

「・・・円〜」という表示はまったく当てにならないんだな
ということはよくわかったけど。。。
あーーーーースッキリした。

無意味なストレスが一つ解消。
日常的に頼むつもりはないけど、ここぞのときは、利用するのもありだなと思った。年末だしね。

すっきりんこ。
bathroom.JPG
posted by haru at 23:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

ハナコの血

最近やっと、ひぃおばあちゃんのところに
一人で行けるようになったムスメ。
はまっているのは、ふたり一緒に紙粘土。
(年齢差約90)

創作意欲満々。二人で作りまくりです。。。
末恐ろしい。。。

でもかわいい↓
kaminendo.JPG

posted by haru at 02:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。