2011年01月04日

仕事初めです。

おはようございます、そして、あけましておめでとうございます。

仕事初め、帰省の洗濯物やら、ムスメがまだ冬休みだったりして、
スタートが遅くなってしまった。

今年のお正月休みは短くて、ゆっくり考えるヒマもありませんでしたが、
去年は間違えなく前進の年だったし、今年はそれ以上に成長を求められる年だと
思っています。

年末にナラティブベースのHPをアップしました。
1月中に法人として再誕生します。
http://www.narrativebase.com/

今年もどうぞよろしくお願い致します。
posted by haru at 10:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

自分のペースで進んでます

ブログもツイッターもとんと離れていました。
すごく忙しくしていますが、なんとか進んできた感じです。

ロゴ&名刺が出来ました。年内にはHPを上げる予定。

NBlogo.png

屋号立てて、まもなく1年ですから、相当遅いですけど。
まあ、それでも進んでいることを認めてあげよう、
と、自分に前より少し甘くできてることに、
自分の成長を感じたりもします。

必要以上に焦らなくてもいいと思えるのは
向かっている方向が分かっているということ。

キャッチフレーズを
「マーケットの‘語り’を 引き出し 読み解く」
に決めました。
この一行にこの3年で整理した
私のやりたいこと、やれることが詰まっています。

この1年、仲間も増えました。
いい仕事もたくさんいただきました。
感謝しつつ、倍の恩返しをするつもりで取り組みたい。

今日は「ママのキャリアを考える会」のオフ会です。
みんな、どんなふうに進んでいるのかな。
応援しあえる仲間がいるというのもまた、本当にうれしい。
posted by haru at 09:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

ストーリーテラーになろう

数日前にTwitterで以下の記事を何度か目にして、

▼統計よりも「1人のストーリー」が有効な理由
http://wiredvision.jp/news/201009/2010091722.html

あらためて事業屋号をNarrativeBASE(ナラティブベース)と名付けた意味について考えていた。

最近、買い物していると、店員さんが自分の話をするシーンが目立つ。
食べ物でも、化粧品でも、家電でも。

「自分はこの色が気に入っているんですよね」
「私も使ってみたんですが、こちらの方が軽いし小回りが効きますね」
「この職業に就くまでは、こんなに種類があるとは僕も知らなかったんです」


などなど、、、

自分の経験や物語をセールストークに組み入れているケースが多い。

マニュアルに書かれた

「お客様の好みによりますが」
「・・・という実験結果もありまして」
「今は期間限定でこれをおすすめしているんです」


みたいなトークが通用しなくなってきてるんだろう。
ずばり、接客もクチコミ化している。

実際に買う側としても、いわゆる「トーク」っぽくなく聞けるし、
知り合いのクチコミを聞いたような錯覚に陥る。

人は人のストーリーに動かされる。

当たり前のようで、あらためてその視点でいろいろなことをウォッチしてみると
意外とおもしろいと思う。

スリーリーを探そう。
ストーリーテラーになろう。
posted by haru at 16:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

【急募】自宅にて中継参加可能!お片付けセミナー&座談会

こんにちは。今日は本当に気候がよくて気持ちいいですね〜♪

そんな中、来週から始まるプロジェクトに、
協力者としてジョインしてくれる方を募集中!
というか・・・急募です!

「お片付け」をテーマに、
以下の日程でセミナーおよび座談会を行います。
リアルな場所は全日渋谷ですが、
自宅PCで中継を観ながら参加していただく実験に
協力参加していただける方を探しています。

「片付け」に興味がある方は、自宅でセミナーを受けたり、集まりに参加することにご興味のある方、ぜひご連絡ください♪

【日程】
3月10日(水)10:00〜12:30 お片付けセミナー
3月16日(火)10:00〜13:00 座談会
3月25日(木)10:00〜13:00 座談会
3月26日(金)10:00〜13:00 座談会

【連絡方法】
ハルの知り合いの方:この記事にコメントいただくか、メールにてご連絡をお願いします。
それ以外の方:Twitterアカウントのある方は@haruega(http://twitter.com/haruega)にダイレクトメッセージでご連絡を。
posted by haru at 13:08| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

進化と復興

忘れないうちに備忘録をと思いながら1週間が過ぎてしまった;
先週末は初めて「ワールドカフェ」に参加してきました。

主催は昨年フォトリーディングの講座を受けた佐貴子さん
テーマは「母性・女性らしさ」で様々な年代、職業、性別の方が集まりました。
くつろいだ雰囲気の中、初めて同士とは思えないほど打ち解けて話ができて、また、気づきもたくさんいただけて、本当に有意義な時間を過ごせました。
フォトリーディング集中講座の時にも感じましたが、佐貴子さんは場の雰囲気作りが天才的だなと思います。
その場にいる全員を瞬時に承認できるんですよね。
講師業が天職の方なんだな・・・と。
あ、ママイキのひろっしゅコーチも同様の才能の持ち主ですね。。。
ほんと尊敬します。

さて、この日は宿題もあって、「ワールドカフェに参加してみてどうでしたか?」という問いかけがあり、改めてまとめたのが以下の文章。
もちろんテーマ「母性」についても感じるところはたくさんありましたが、それは、追って書くとして、取り急ぎ。
ワールドカフェは“ネットの進化によって後押しされた「井戸端会議」の復興”と私の中では一旦定義。
この手の復興(ネット環境が何か原点回帰のハードルを下げるようなこと)は他にもたくさんありそうだなと思います。

-----「ワールドカフェに参加してどう感じたか?」------
“今風”な「井戸端会議」。背景として必然性のある「井戸端会議」の復興なのだなと、理解しました。

現代では、地域に老若男女、様々な職業、視点を持つ人をまんべんなく集めたコミュニティが発生することのは(特に都心では)希ですし、今後もその傾向はより強まるかと思います。

少し前までは、幅広い交流はビジネスを中心に求められました。いわゆる異業種交流会のようなものは、「ビジネス」のネットワークが広がることにより「ビジネス発想のクオリティアップ」が生まれるといったもの。しかし時代が、ビジネス中心から変化し、人生や生活の充実の重要性が問われるようになり、、交流を求めるステージが変わってきたのではないでしょうか。

つまり「個人」のネットワークが広がり、「生活のクオリティアップ」が生まれるというのに移行したんではないかなと。この欲求を具現化する手法として「ワールドカフェ」は受けているんだなと、そんな風に思いました。

ネットコミュニケーションで個人がつながる時代だからこそ、個人と個人が一瞬でつながることへの違和感があまりない(人が増えている)し、瞬時に集客できることから、こういった集まりが可能になったという後押しも大きいと思います。

-----

ワールドカフェは、次に企画したい「ママのキャリアを考える会」のオフ会でも取り入れたいなぁ。

昨日の未来図のイベントでも感じたけど、やっぱり産前産後の棚卸しをみんなでできる場の提供はしていってみたい!
私は特にそういったスキルを持つわけではないですが、場のコーディネートならしていけると思うのです。
そこに集まった人が相互反応で作り上げる手法もあるのだな、とワールドカフェを通して思いました。
posted by haru at 08:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

中継

これから前述のキャリアデザインイベントにいってきまーす。
USTREAMやTwitterで中継されるようなので、
時間があれば覗いてみて下さいね。
----
パネル部分は当日、USTREAMでビデオ中継することにしました。主に東京にいないSCHOOL OF
未来図のメンバーを想定していますが、もしお知り合いで興味のある方がいたらご案内ください。↓
http://www.ustream.tv/channel/miraizuevent
(現在はテスト動画があります)
ただ、初めての試みでもあり(一応、テストはしていますが)万一、うまくいかなかった場合はご容赦を。
Twitterなどでチャット参加も可能です。会場にも一人、Twitter要員が配備される予定です。
---
posted by haru at 10:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

レッツ!キャリアデザイン

お知らせです。

元同僚のコーディネートで、
論理思考講座や英語講座を開催する社会人スクール
『SCHOOL OF 未来図』の主宰イベントにパネラー参加します。
未来をつくるチカラをつける
SCHOOL OF 未来図 フォーラム
【2月27日(土)13:30〜17:00】
http://www.miraizu.jp/miraizu/modules/event/event20100227.html

イベントのテーマは「未来を拓くキャリアの創り方」

第一部: パネル・ディスカッション
「未来を拓くキャリア創り」を実践している方々のお話を伺います。

タイプの違う3人の共通点は、本当に参考になること。ずば抜けた才能や桁外れの努力の結果ではなく、多くの人がまねできることを真摯にやり続けて進んで来られています。しかもいろいろな失敗やハードルを乗り越えて。それをファシリテータの高橋俊之が、日経ビジネス アソシエオンラインでおなじみのロジカルシンキングでわかりやすく深掘りします。
---
・・・ということなのですが、
要は変わったキャリアの持ち主として借り出されました(笑)

考えてみれば、私の社会人キャリアは
主宰する劇団の解散!というとてもドラマチックな
出遅れ感満載のスタートだった。

そして、すみません、これしか持ってません!という雑草魂ぴかぴか(新しい)
独自のキャリアを切り開いてきた?といえば、そうなのかも。

それはさておき、
出産・育児をキャリアのターニングポイントとしてどう捉えて
向き合ってきたか?いるか?

みたいなこともお話できればなと思います。

後半は自分で頭を手を動かすワークショップも用意されているそうです。

土曜の午後に少し未来を考える時間をつくりたい方!
ママの方も、土曜ならなんとかなったりする方!


ぜひ、ご参加ください♪
posted by haru at 12:14| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

濃い短時間に応える仕事を創ろう!

現在メインでお仕事していただいている2名は、
二人とも幼稚園ママです。

でも、もともと在宅中心に仕事をしているし、キャリアもWeb、マーケティング中心にしっかりしている。
能力はすごく高いので、指示に困ることやアウトプットがおかしいということは皆無。
それに、プライドを持って仕事に取り組んでいる。
どんなに短時間でも。

やっぱりこういう人はいるんだよね!

だから、その濃い短時間にできるだけの報酬を渡したい。
そういう仕事作りを絶対やるんだ!
と、鼻息荒くなるわけです。
まだまだですが、がんばります。

つたないマネジメント&リーダー湿布(ちがったシップ)
におつきあいいただきありがとう。

今後ともどうぞよろしくお願しますm(_ _)m
posted by haru at 11:35| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

ナラティブベースです。

久々に家仕事な日。

通常業務と平行して、HPの原稿を書こうと思います。
まず、仕事はいくらでも取ってこようじゃないかという状況なので、
目下の課題は人材募集と育成。
いかに共感する人、構想業務でポテンシャルのある人と出会うか。

ナラティブベース(NarrativeBASE)という屋号を立てました。
ナラティブとは「語り」「物語的な」といった意味です。

由来は、医療用語で「Narrative Based Medicine」というのがあります。
Evidence Based Medicine」の対語として登場した言葉で
(昨年末、新型インフルのワクチンなど会見でも用語として使われたり、ニュースでも耳にしました。)
検査結果の数値をみて、治療を決定するのではなく、
患者の“語り”にもっと目を向けて、その語りから読み取れる内容も加味して治療を決定していこう・・・といった流れです。
つまり、コレステロール値が高いといった値と同時に、
その人から語られる背景(生活習慣、家族構成など)も含めて、重要情報として扱って方針を決めていこうということですね。

Webマーケティングでも、全く同じことが言えますよね。

数値で分かる顧客の傾向(定量)だけでなく、その中身(定性)を見ていこうという流れは、もちろんアナログな時代からずっとありますが、
ネット上の語り(つまりCGM)はまた違ったアプローチが必要です。
なんといっても生ものですから・・・

企業や商品やブランドがどのように捉えられ、
利用者の生活の中にどのように存在するのか。
それをイキイキした物語として取り出し、増幅させるためには
どんなマーケティングが必要なのか。

これからは、そういう視点をもったWebマーケッターの需要が
急速に高まると思います。

まずは私がそのスキルを磨き、
時間、場所を選ばない、ノンコモディティな働き方をしたい人を
応援していきたいです。

野望はそんなところです。
こういうのって、後から読むとすんごい恥ずかしいんだよね。
と分かりつつ、始めなきゃならないのでしょうがない。
宣言。

実践、開始しています!
posted by haru at 11:57| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

マカロンと写真

友人の誘いでイベントに出ることになり、プロフィール写真が必要なので、
いつも仲良くしていただいているご近所ママの
カメラマン(ウーマン?)に自宅に来て写真を撮ってもらった!
→ブログのプロフィールも差し替えました。
仕事のHPも作らなければと思っていたので、
ちょうどよいタイミングできっかけが!
プロフィール文を書くことで、独自にやるのとまた少し違う視点でキャリア整理もでき。
ありがたや、ありがたや。

自分の写真をちゃんと撮るのなんて、何年ぶりだろう。
やっぱ、数年前の写真と見比べ、年取ったなーと思うね。(あごのあたり;)

写真を撮っていただいたお礼に、仕事帰りにミッドタウンに寄り
sadaharuAOKIのマカロンを購入。
sadaharuaoki.bmp
以前、あたしも数粒買って帰って食し、感激しました。

見た目も味も芸術品です。

あー、また食べたくなってきた。
(だから、あごがっ!)
posted by haru at 16:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

自分にかける言葉

いっしょにお仕事させていただいている、
若い女子(20代)たちをみていると、
なんだか本当に若いころの自分の「もがき」をみているみたいで、
オーバーラップして、胸がキュンとしてしまう。

夜な夜な電車のない時間に働いていると、
よく先輩に声をかけられた。

「今、やらなくていいことやってない?
 明日やれることは、明日やりな」

でもそんなやさしい声をかけてくれる
先輩も独身バリバリだったりして。

なんだか、うれしいような、悲しいような、
自分の未来像はよく見えないんだけど、
とにかく、認められたいし、成果を上げたい。
それに、もっとできるはずだって感じは常にあるし!
みたいな。

自分というリソースをどこに集中すればいいのか、
わからなくて、苦しくて・・・
やれることはあるけど、
やりたいことじゃない気がして。
無駄だらけの、かっこわるいことばかり。

落ち着いて、そぎ落とせるようになったのは、
やっぱりここ数年なんだろう。

今、時を経て、
やさしい先輩の声もないし、
自分にかけたい声も違う。

「今、やらない理由は?」
と、気がつけば、自分の中で聞こえるようになっていた。

そぎ落とすことができる年齢になって、
同時にいろいろな言い訳もできた。

年齢や家庭を理由にしないこと。
その一歩を誰でもない自分が求めている。

なんだか、やっと、やっと・・・大人になれた気がする今日この頃。
遅いだろうけど、あたしのペースなんだろう。
posted by haru at 11:56| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

半外注で学べ!

仕事でメルマガを書く必要があり、
ライターさんを手配しようと考えたのですが、
ライターマネジメントを行なう担当の方が
ライティングの講師もしている「教え手」だったので、
手間がかかるの承知で思い切って、
自分で書いて『添削』してもらうスタイルにしました。

すごく学びが多く、また、うすうす気付いているダメポイントを
バシっっと言ってもらえることで、
そうだよね(汗);というキモ確認
実例、具体例をもとにしてでき、ぐっと吸収できました。

この歳になると、仕事上でもう誰も
手取り足取り教えてくれることなどありませんけど、
意識的に自分で仕込んでいくことはできるんだな〜と、
改めて感じました!

お仕事を手伝ってくれる方を少し増やすので、
その方々からもたくさん学びたいと思っていますぴかぴか(新しい)
posted by haru at 06:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

心理的な役割を考える

以前(もうたぶん去年の話だったような)
知人のきのさんが、ママ友を集めて
家族心理学のミニ講座をやってくれたことがありました。

その中のワークで、
「ヒーロー」
「独裁者」
「殉教者(犠牲者)」
「傍観者」
「ピエロ」

と5つの言葉(ペルソナ)が書かれた紙に、
自分の家族の一人ひとりを当てはめていく作業があり、

それを元に、
「自分が考えている」(≒思い込んでいる)それぞれの役割を話すことで、
客観視できたり、アドバイスをもらったりしたのです。

面白いなーと印象深く残っていました。

この5つのペルソナは、
いろいろな応用が効くな〜と思って書き留めておいたのですが、
ネットコミュニティの初期活性化(オープンして軌道に乗せるまで)
の場のコントロールにも非常にヒントになるなと、最近急に思い出しましたひらめき
実験してみようと思っています。

人は、いろいろな演じわけができますし、
ネット上では(既存のしがらみがない分)それがリアルより容易にできるように思う。
観察していると、他のコミュニティ参加者の様子を
無意識に観察して、
無意識に演じわけをしているようにも思う。

心理学はかじりっぱなしなので・・・
私の憶測は半分あっていて、半分間違っていると思います。
お勧めの書籍などあったら、是非、教えてください。

せっかくフォトリーディングを学んだので、
心理学の本もいっぱい読もうと思います手(グー)

すでに読んでない本が結構本棚にあったようにも・・・(汗)
posted by haru at 16:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

仕事を手伝ってくれる方、募集中。

珍しく仕事関連告知です。

現在行なっているネットコミュニティのコンサルの仕事から派生して、

■コミュニティサイトのログ集計、分析
■発言(投稿)分析
■コミュニティ運営プランニング、実行
■ネットコミュニケーション企画、ライティング
など

様々なお仕事が展開予定のため、
在宅中心でお手伝いいただける方を探しています!

復帰、再就職前のウォーミングアップを考えている方や、
育児中だが少しは働きたいという方、
もちろんそれ以外の方も。

ご興味あれば、是非お声かけくださいねー。
posted by haru at 17:14| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

スタイルと成果

とことん成果に集中すれば
「強み」も「弱み」もただひたすら「やる」だけだ、と気付く
そのとき残るのは「素直な自分の足跡」だから信用できる
だからまた集中できる


先日、こんな言葉を聞いて、深くうなずいた。
自己肯定力の話がいろいろなところで出てきて
そのたびに「どう思う?」「どうしたら育つ?」「どうやったら獲得できる?」
っていう会話を(子育ての会話でも、自分育ての会話でも)繰り返してたけど、
こんな形の答えもある。

ついつい振り返り、自分をよりよくなどと考えると、
スタイル(つまり、見え方、やり方)に集中しがちだが、
結局、自分は自分。
よくもわるくも、どうやったって変わらない。

自分を過小、過大に評価して悩んだり安泰したりに時間を費やすなら、
成果に集中した方が、よほど建設的で健全だ。

昔むかし、予備校の先生が

「大変だ」「がんばらきゃ」なんていってるやつはおかしい。
本当に「大変で」「がんばらなければならない」やつは
そんなこと言ってる間にやることをやるからだ。


って言ってたの、
集中に集中するキッカケとなった好きな言葉だった。
思い出した。
posted by haru at 08:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

料理にみる仕事スキル

毎日毎日、料理をしていて思うのは、
料理って本当に、モノゴトの推進の縮図だなって。

(1) まず、完成イメージをもつことが重要でしょ。
(2) で、段取りを意識して開始するでしょ。
(3) 実行しながら考る、考えながら実行する、常に同時進行でしょ。
(4) タイミングと量が重要でしょ。
(5) 完成するだけじゃ×。見せ方や後片付けも大切でしょ。

以前、ママイキの講座の宿題で、
自分の強みを周りの人に10個聞いてくる宿題があって、
ダンナに聞いたら「段取り力」と言われて、
ちょっとうれしかったんだ。

まあ、たいてい家でイライラしているときも
この段取りどおりにいってないっていう。。。裏返しだけど。
強みと弱み紙一重です。

しかし、料理の完成と同時にキッチンもすっきりしている。
とはいつもならず、
ここに自分の推進スキルの弱点をみる。
最後、時間に追われドタドタドタっと。
形ができるとホッとして、後片付けがスムーズに進んでいない。

ここがスキルアップして、定着すれば、
なんか、いろいろと壁を越えられる気が。
仕事について思い当たること多々。
そうなんだよねー、そうそう、と独り言。

って、ブログ書いてる場合じゃないんだよっ
ぬおおおおお、がしがしがしっと終わらせて、寝るザマス。
posted by haru at 23:54| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

「三つ子の魂百まで」の仕組み

先日、子どもが生まれたばかりの新米パパと
「三つ子の魂百まで」ってどうよ。
という話になる(笑)

3歳までに性質が‘出きる’わけではないのは
ムスメの成長を目の当たりにして、すごく体感がある。
その後から出てくる気質もたくさんある。
ケースはいろいろあると思うけれど、
ムスメの場合は5歳くらいから7歳の変化がすごかった。

でも、3歳までに性質が‘出来る’という点では、
確かにその基盤が「基本的信頼」という面で形成されるのは
そうなんだろうな、うんうん、と思う一方、
じゃあなぜ3歳なのかと言われると
あまり実感的に分からない。

ただ、これに関連するのかどうかよく知らないが事実として、
多くの大人が3歳以降の記憶を持っていて、それ以前はない。
というがある。

子どもの記憶は、新生児ではほんの一瞬しか保持されないが、
その後、だんだん延びて1歳の記憶期間は1週間-数週間、
2歳で数ヶ月、3歳で1年間といわれている。
つまり、3歳くらいになれば去年のお正月にあったおばちゃんも思い出せる、
わけである。
1年保持くらいから有効にその後も保持されるということなのか?

話は戻って「三つ子の魂百まで」のナゾについて
その新米パパの仮説によると
記憶の反復のしやすさ
が関連しているのではないかと。

保持されている記憶が少なければ少ないほど、
反復するものが少なくより強化される。

1年くらいの量が保持のための強化にいいってこと???
あ、すみません、たぶんなんか学説があると思うけど知らない前提で。

人間は結局反復でしか記憶強化できないんだよ!!
となって、話は終わる(笑)

そうかも。

余計なものが脳みそにつまり過ぎて、
反復もままならない30代後半・・・
多くの記憶は、死ぬときの走馬灯の晴れ舞台を待っているんだろうか・・・???

こんな高機能の代物を毎日頭に詰めているのに・・・・

脳みそ!!!
っと訳もなく叫んでみたくなった。
posted by haru at 08:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

ネガティブモチベを肯定する。

小栗旬が、蜷川幸雄に「役者は多少不幸じゃないとだめだ
と言われたそうですが。

確かに何か欠けてて、そこを埋めようとする反動の力って、
多くのものを生み出すし、
「魅力」そのものであったりする。
いわゆるハングリー精神ですね。

満ち足りてしまうことは悪いことじゃないけど、
もしくは、満ち足りなくても、ちょっと過剰な楽観主義で
思い込んだりしてるのも悪いことじゃないけど、
やっぱり、ネガティブが持つパワーを侮ってはいけない。

などと、考えて書斎で探し物をしていたら、
なぜか数年前のとってもいやな仕事メールのプリントアウトが…
大変納得できない評価を受けてのやりとり。
悔しかったことを思い出した。

あのときの仕事を今の私がしたらどうなるのだろうか?
あの人は今の私をどう評価するだろうか?

気分が悪くなると同時に、
やっぱりパワーがみなぎってくるのが分かるよね。
ネガティブモチベを肯定するところから、
はじめてみるのも、いいんだろう。

渇っ!!

しかし、何でプリントアウトしたんだろうと思ったんだけど、
やっぱり当初もこれをにらんで仕事したんだろうな(笑)
posted by haru at 09:56| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

マーケッターにシナリオライターが多い訳

先日仕事で話が脱線し、
自分(あたし)が劇団で脚本・演出をしていた話になった。

で、その人(相手)が言うには、
マーケッターに元演劇人って多いよね。
あの人もそうだったし、この人もそうだった、という話になり。
やっぱ、求められるスキルが似てる?って話に。

個人的には日頃よりとても共通点(必要なスキルが近い)
を感じてたので、「やっぱりそうなんだー」と、ちょっとうれしくなる。
自分の一貫性を少し確認できた感じで。

結局「ストーリー作り」ということ。
事象の塊みたいなものを、数量じゃなくて流れで捕らえ、組み立てる力。
流れはリアルで、おもしろい、すっと入ってくる、説得力のあるものでなくちゃならない。
なぜなら、それを元に、周りを巻き込み、説得し、動かす必要があるから。

こんな風に改めて書いてみると、
足りないところの再確認もあるし、
なるほど自分の根底スキルの理想でもある。
新鮮。
posted by haru at 16:31| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

‘感じること’の意義

アウトプットが相当遅くなりましたが、
ママのためのコーチング講座「ママイキ」が近場で開催されたので、やっとこ受講しました。
(5末〜7頭)

第1回 『聴く』
第2回 『承認』
第3回 『区別』
第4回 『価値』
で構成されています。

『ママのイキイキ応援プログラム』略して‘ママイキ’なので、
普段あまり‘イキイキ'に問題意識のない(自覚としてはイキイキしているつもりの)あたしは、
受けるとどうなるのか???と考えていたのですが、
結構、気付きはありました。

特に『区別』で朗読された詩(後述)で、
頭の中で受け取った情報が統合され「‘感じる'ことの意義」を感じた。
「感じる」ってメッセージが一つに統合されることなのね、と。

例えば、映画なんか見て、涙が出て、感動して、言葉にならない。
とかいう状況って、、、あれは、メッセージは一つに統合されているのに、どう言葉にしていいのか分かっていない、という状況なんだな、とか思った。

中身はいろいろあったけど、一つメッセージがもらえただけでOK
そうスナオに思えるよい講座でした。
ちなみにそのメッセージは、一言で言うと‘個の尊重’かな。

あたしは結構さっぱりした性格なので、あまり家族を束縛したり、ベタベタすることはないと勝手に思い込んでいましたが、
母親という役割(愛情を中心とした関係作り)

家事そのもの(ルールを中心とした環境作り)
を混同してたなって。
愛情にかこつけて自分の中に家族を取り込もう(自分の考えを与えよう)としていた自分に気付きました。
この点は知らずに溜めていたストレスとも一致し、非常にスッキリ。
ダンナとムスメについて「承認」することと「区別」することが飲み込めた。

正直前半の「聞く」「承認」の前半あたりは、知識も実践もそこそこしてる部分であまり自分の中には入ってくるものがなくて、
ただただ、ひろっしゅコーチの絶妙トークに笑ってるだけでこれでいいのか???と焦ってました(笑)
3回目も実は仕事が切羽詰ってて、出席どうしようかと本気で悩んで
えいやで出ましたがよかった!

最後に朗読された詩を転記

---
カール・ギブラン 散文詩『預言者』のなかの「子どもについて」

あなたの子どもは、あなたの子どもではない。
彼らは、人生の希望そのものの息子であり、娘である。
彼らは、あなたを通じてくるが、あなたからくるのではない。
彼らは、あなたとともにいるが、あなたには属さない。
あなたは、彼らに愛情を与えてもいいが、あなたの考えを与えてはいけない。
何とならば、彼らは、彼ら自身の考えを持っているからだ。
あなたは、彼らのからだを家に入れてもいいが、
彼らの心を、あなたの家に入れてはいけない。
何故なら、
彼らの心は、あなたが、たずねてみることもできない。
夢のなかでさえ、たずねてみることのできないあしたの家に住んでいるからだ。
あなたは、彼らのようになろうとしてもいいが、
彼らを、あなたのようにしようとしてはいけない。
何故なら、
人生は、あともどりもしなければ、昨日とともに、ためらいもしないからだ。
あなたは弓であり、
そしてあなたの子どもらは、
生きた矢としてあなたの手から放たれる。
弓ひくあなたの手にこそ喜びあれと。

---
毎朝、玄関で矢をひく気分で。
posted by haru at 23:45| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。