2006年04月15日

チューニング中

おーい、また一週間すぎたぞって感じですが;

とりあえずメンテは終わり、なんとかペースに乗れるかな。
まだ積み残し若干ありですが。

次は、チューニング
自分の進みたいところと、進んでいる方向。
よく眺めて、そして、調整したい。

忙しくて、ついつい後回しになっていましたが、
来週は意識して、一度自分なりの回答を持とう。

覚悟、と、根気、と、初心

バランスのよい決断と納得を、自分に!

がんばりますっ
posted by haru at 18:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

メンテ中

一週間が早すぎっ。

月曜に、週頭にやろうと考えていたタスクが、残って終わらないまま、
週末に突入。しかも、1週間すぎた実感がないから、また週があけたら、
同じ計画やToDoを書き出しそう。(マジ)

…やばい。完全にまわってない。

こういうの、本来耐えられない性格なのに。
いいのか、悪いのか平気な自分がこわい…。
ユーザー、チーム、お待たせしている方が何人いることかm(_ _)m
もう少しがっつり自分を痛めつけないと、応えない。

今晩は、ムチうって、メンテナンスです!!!!!!
寝るなー、寝たら死ぬぞーーーーーー!!!!!!



posted by haru at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

忙しいって、やっぱり

昨日、ぎりぎりの確定申告。
税務署は、人でごった返してましたが、
税務署の人たちの顔が、どこか明るい。

書き間違えのあった書類を書き直そうと、
近くのおじ様に書類の場所を聞くと

「あいあーい!!」

と、返事してくれました。(サルか!)

申告が終わるとすぐに、
私も次週オープン機能のチェックと、広報の打合せ。
もう、なんだか分からないくらいやることてんこ盛りですが。

そうね、再確認。

忙しいって、忙しいって、
やっぱり 楽しい

(^^)

posted by haru at 11:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

mission possible

やー、ひさびさ酔っ払って帰ってきました♪

今日は、日ごろ仕事でご一緒している
ワーキングマザーで社長を囲む会in銀座。

みんなそれぞれに秘めた想いを原動力に、仕事に取り組んでいる。
自分の資質&環境から、やりがいの見出だせる仕事は何か、何を目指すか。

同じだな、考えていること。
一途だな、ゆれながら探ってる感じ、共感できる。

分かっていたつもりで、でも、また改めてリアルに伝わってきた。

半ば、強引に巻き込みつつも(ほんとすみません)、
どこか同じ想いで仕事できること、この状況を貴重に感じ、感謝します。
‘応援しあえる関係’でいさせてくださいね。

なんだか、もう材料がそろった台所にいる気分です。
後は、白いご飯さえあれば。
白いご飯を炊き忘れなければ。
きっと大丈夫。

それはきっと、ビジネスモデルの要。
それをはずさないようマンパワーを配分するのが次のミッション
なんか、不安よりワクワクです。
posted by haru at 02:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

プロ意識

先日、とある有名なレストランのシェフにインタビューするお仕事にて。

「プロとして」という言葉が、本当に何度も登場し、
少し、ドキっとさせられた。
1、2回くらいなら、ふつうに聞けたのですが、
本当に数えたくなるくらい、何度も何度も。

その方は無意識で繰り返えされていましたが、薄っぺらい感じはまったくない。
それだけ、自然に意識して、長年かけて体に溶け込んだキーワードなのでしょう。

分野は違えど、同じものづくりの観点から、
「一流をめざしたい」という意識、
「最善のものを」「これを必要としている人に」という意識を、
最近強く感じられるようになって、
自分でも、少し、以前より高いレベルで仕事できてるな、と感じます。

でも、「プロとして」にはもっと厳しいニュアンスがある。
「目指す」とか「最善」とかじゃなくて、
もっと明確なラインと、それに対する報酬を意識する。

さて、本日、数ヶ月企画と設計をつづけたサイトがオープン。
まだ一部の機能だけど、最善は尽くした。
でも、プロとしてどうか?
私は、プロとして十分な仕事ができたのか?

もう一度、オープン日の朝にひとり、考えて。
体が固くなるのを感じる。 いい緊張を保ちたい。
posted by haru at 07:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

飽くなき精進

もう何度もいろんなサイトのカテゴリ&DB設計に絡んでいるのに、
なんでこうも満足のいく状態にならないんだろう。本当にむずかしい。

これは、もう、やったことのある人でないと分からない苦しみかも。
ああ変えれば、こうなる、こう変えれば、ああなる。
シュミレーションを繰り返して、何度もカテゴライズの仕方を変えたり、
分類のレイヤーを変えてみたり、文言を調整したり。
果てしなく脳みそを使います。

今回で、こういうの3回目なのに、またもや、何度徹夜したか分からない。

ロジックで組み立てつつ、感覚的な分かりやすさが大事。

すごく、ココ、あたしの‘こだわりポイント'なんです。
わかる?わかるかなー、わかんないよねー。わかって!

そして山を越えて、一息ついた今、また修正が見えてきた。
ほんと、果てしない…

でも、まあ、なんというか、年の功?
冷静に考えてここまででいいというラインが分かってきた。
というか開き直りポイントが見えてきた。

今回も、精進させていただきました。次へGO→
posted by haru at 01:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

笑える相手

笑い合える相手と仕事をするって重要だなー。

煮詰まったり、
ギリギリだったり、
テンパってたり、
ふーーーー!いつおわんのこれ、だったり。

そんなときに、笑いを提供しあえる関係は最高だ。
くだらなければくだらないほどいい。

少しだけ違う景色をみたみたいに、
座りなおして、もう一度、リセット。

意欲的に取り組める。
posted by haru at 16:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

擬似恋愛

今、かなり恋愛に近い感じ。(ただし、仕事に。)

つねに気になるけど、苦痛じゃない。
はっきりと分かっていて、迷いがない。

肌の調子もいい。
太らない。
寝なくても平気。

不思議だね、身体って。
posted by haru at 21:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

凍り道

どちらかというと企画営業畑なので、
編集全般をしきるというのは、はっきりいって初めての仕事です。

薄暗い道は、まだ凍りついた雪が残っており、つるつるしながら、
そうそう、こんな歩きづらさ。

どうすれば上手く進めるのか?と、
削ってみたり、お湯をかけてみたり。
そんなことよりとにかく進まねば、と、
お尻をついてすべってみたり。

もともとスキー場でも、アイスバンだらけの上級者コースに
パラレルもおぼつかないのに飛び込んでいくタイプ。
痛い思いをしても、案外楽しい。

保育園におくる道、日陰に残った雪をみて、
ムスメが言った。
「ママ、まだ雪のこってるね〜!
 今のうちにうたっとこー。
 ゆーきやこんこん♪ あられーやこんこん♪」

『今のうちに』というのが気に入った。

かなり歩きやすくなった朝、いい気分で仕事にかかれそう。
posted by haru at 10:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

フラットな違和感

次の企画のため、SNS(ソーシャル・ネットワーキング サイト)の使い比べを
しています。ミクシィとGREE。
なんか、この人オンライン多いな、ひまか?とか、思わないでね。
一応、機能を一通り調べているのだ。

それで、使えば使うほどなんかキモチわるいなーと思う感覚があって…

ひとことでいうとフラットすぎる感覚。
友達を平面にならべたときの違和感。

だって、この人とこの人といっしょにいるとできる平面
あの人とあの人といっしょにいるとできる平面
って、それぞれ次元がちがって、別のベクトルを持ってる

なのに、それを全部フラットに並べる。
なんとなく、へんな感じ。
自分のも、友達のも、関係が把握しづらい。

SNSはこの限界を超えられるのか???
posted by haru at 06:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

最低だけど最高

体調最悪、仕事山積み。
でも、きのうは素敵だった。

抱え込みすぎた私の荷を降ろしてくれる、
共感してくれる、信用できる、話せる、仲間がいてくれる。
年上でも年下でも、この人だと思う人と、連絡をとりつづけてよかった。
巻き込んでいいよといってくれる人がいる、うれしさ。
11月1日の超越宣言から1ヶ月半。

とおさん!峠が見えるよ!(誰??!)


posted by haru at 05:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

紙に書いて発表する

先日、杉並区和田中学校の「よのなか科」の授業に参加しました。

よのなか科」は全国から教育関係者の見学者が殺到する人気の授業。
総合学習の時間で毎週3年生2クラスが図書室に集まって、
まさに「よのなか」のいろんなテーマについて、考え、意見を出し合います。

『正解』のない授業は、とても自由な雰囲気で、テーマ立てもユニーク。
「いのち」「結婚・離婚」「ホームレス」「遺伝子操作」など、
学校では通常授業の中で触れないものがほとんどです。
(私が参加した回のテーマは「宗教について考える」でした。)

この授業は基本的に「見学」ができません。
大人も「参加」し、中学生たちといっしょに考える。
だから私も中学生気分で参加!
なんだか大人であること忘れて、夢中になっちゃいました。
だって、「自分が宗教をつくるとしたら?」なんて、
ワークシートに書く欄があるんですよ。

でも、中学生レベルの素直な発想は私にはもうできないなぁと痛感。
正確に言うと、素直な発想が起こっても、知識や常識によって頭の中で
無意識に玉砕してしまう!悲しい大人の性です。

しかし、この授業のよくできているところは、ワークシートを使っているところ。
自分の意見を記述してから、手を上げて集計をとったり、意見を発表したり・・・
紙に書くことによって、人の意見に左右されずに
発言できるし、素直な意見がそのまま飛び出す仕組みになっている


この方法、当たり前のことだけど、すごい威力。
これは仕事でも使えるのではと考えたら、
偶然にも最近読んだ「すごい会議」にも同じことが書いてありました。

ビジネスでも『正解』はない。
思い込みや、慣れ、人の上下関係から出てこない発想って、いっぱいある。
実はそれが一番真実をついている内容だったりする。

宗教って何?大人にも難しい質問の答え(真実)が、
中学生の意見の中にあったりします。そこが、面白い。

素直な感受性 → 刺激 → 意見交換 → 発展

このスキルを中学生で学べるなんて、なんて贅沢なのーーーー!!!!

※よのなか科の授業は、自由に参加することができます。
 ご興味のある方はコチラをご覧ください。
posted by haru at 12:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

書斎缶詰

あーーーーー今週末は、仕事てんこもり。
書斎缶詰状態です。

今、ムスメが、
「ママ、お仕事終わったら、ジャンケン列車やろうね」
「いっぱい遊んでよ。お仕事がんばってねー!」
「終わったら教えてね」
「じゃあねー、バイバーイ」
と何度も扉を開け閉めしていましたが、
やっと行きました(^^;)

こうなったら、もう、音楽がんがんにかけて、
集中モード全開。

ワザとしては、わざと悔しかったことを思い出し、
「ざけんなよーーーーっ!いつか倒す!!」
という感情を呼び起こし加速します。

なんでだろう。その感情が一番加速するんですね。
目の前に見えている距離が一気に遠くなり、今が短くなる

まあ、誰の顔思い浮かべているかはナイショですけど・・・
posted by haru at 13:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

自由・不自由

「自由」って素敵な響きの言葉ですよね。
聞いただけで、なんだか身体が軽くなるような・・・
目の前が明るく開けていくような・・・

自分は、今、自由だと思いますか?
それとも何かに縛られて、不自由だと思いますか?

先日、インタビューで乙武洋匡さんにお会いしました。
ご存知の通り、彼には手足がありません。
でも不思議なくらい、その姿から「不自由」を感じることがありません。
姿よりも先に、発する空気や言葉の「自由」な香りが
それをかき消してるみたいでした。

お話の内容は記事が公開された際にリンクできればと思いますが、
彼のお話を聞くうちに、
 自由は自分で作り出すもの
 不自由は他人が作り出すもの

という精神を感じました。

決して、自分に不自由があるという発想には行き着かない。
不自由は勝手に他人が作るもの
それは自分次第でかならず打ち消せる
そんな感じです。

ふっと思い出したのが、TV番組の危機管理かなんかの特集で、
年配の専門家が「今の人たちは『安全』はあるものだと思ってる、
本当は『安全』は作り出すものなのだと意識してほしい」
みたいなことを言ってましたが・・・

気がつけば、十分すぎるくらいに用意された世の中で、
自由もそこに当たり前にあるもの
なければ与えてくれない誰かが悪いんだ
と、
無意識に思ってしまっている自分がいます。

作る
作れると信じる


その強さがなによりも生きる力なんだと、感じました。
posted by haru at 02:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

繁忙期→超越期

たいてい、仕事が充実し始めると、

ゆとり期 → 繁忙期 → 超越期

となります。でも、超越期にいたるまではすごく危険な道のりで、
子供や家庭を必死でかかえながら、つっぱしらないといけないので、
かなり勢いと勇気がいります。
たいてい繁忙期でブレーキを踏んでしまうあたし。

今回は、たまたま遅めの夏休み旅行でブレーキがかかった・・・
と思いきや、すごい急発車で仕事開始・・・
どうなっちゃうんだろう(泣)

ちなみに超越期には2パターンあって、
ひたすら人を巻き込んだり工夫したりして、新パターンを生み出せる場合。
もうひとつは、回っていないこと自体、麻痺して分からなくなる場合。

もちろん、前者の方角に向かって→→→GO!! (11月1日超越宣言日)
posted by haru at 14:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

ランプが灯る瞬間

今、一緒に仕事をしている方は、
数年前に同じサービスの立ち上げ時期にご一緒していた方です。
いつもポジティブ思考で、夢の灯火が必ずハートにあるので、
一緒にいると元気になれます。

最近また、元気をもらっているので、
前に仕事をしていたときのことを思い出します。

商品企画が上手くいかずあたしが落ち込んでいたときに、
この人が語る夢を聞いて急に元気になったことがありました。
そのとき、あたしが思いついた言葉。

 どこにも夢など埋まっていないとおもうとき
 ランプを持って現れるのはいつも友人である


確かそのときのサービス企画が上手くいって、
社内報で取材を受けたときに「誰かの言葉で・・・」なんて言って、
そのまま載っていましたが、実はあたし自身の言葉。

そして今、またランプをもって現れてくれました。
でも、今回はちょっと違う。
私もランプが灯る瞬間をみた。
そして、私もこの灯りをもって、誰かを照らしたいと思えるようになった。
成長してるんじゃな〜い?あたし。
posted by haru at 12:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賞味期限チェック!

冷蔵庫じゃなくて、仕事の。

少し前、前職が某大手広告代理店という方とご一緒したときに、
その方が、自己紹介代わりに自分の手がけたキャンペーンについて
自慢げに話されていたのですが・・・
確かに大きなもので、記憶に残っています。
でも、私が中学生くらいのときのキャンペーンなんですよね・・・;

仕事は完了したそばから、どんどん古くなります。
賞味期限が切れた仕事を自慢することほど、格好悪いことないな、
とそのとき思ってしまいました。

どんなに小さな仕事でも、
今、熱をもって、仕事している姿がこころを打つのです。

仕事もやはり、新鮮なものをたくさんもっている人は豊かなのです。
ね!
posted by haru at 00:34| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

納得のきっかけ作り

toC(消費者向け)サイトの企画を受けています。
主婦視点・ユーザー視点で企画するのが重要なので、重宝がられるし、得意分野です。
特に、そこに細かなプログラムが入ってくると、企画に携わる女性率が圧倒的に下がります。
私はそういうのに抵抗がないし、過去の仕事から慣れているので、活躍の場だと思っています。

でも、やはり男性の多いミーティング(しかも相手がクライアント)では、
企画や表現の部分について、どうしてそれがいいと思うのか、いいと感じるのかを「理屈」で説明しないといけません。ですから、そこに技術がいるわけです。

感覚的に「なんとなく」「だってそうじゃん」ではダメですもんね。
女性同士だとそれが通じてしまいます。(だから女性同士に慣れるのは危険です。)

なんだか今までは(特に20代は)「だってそうなんですよーー!」とニコニコ笑いながら言えたけど、
さすがに30代にもなると、そんな笑顔のごまかしやってる自分にこそ納得いかなくなってきました。
でも、こじつけの理屈は自分でも言っていてこそばゆいし、それが見えたら説得力なし。

先日「こうすると、こういう悪印象になりますよね?だからこうした方がいいですね」という否定形から入るいい方をしてみたら、案外すんなりいくシーンがあった。
否定でドキッとして、肯定が受け入れやすくなるという、単純なこと。

カンペキな理屈でなくても、表現ひとつだな。
理屈が必要というより、納得のきっかけが必要なシーンもある。
状況をみて言い方を変える・・・
スマートに行きたいものです。

posted by haru at 09:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

13hw.com OPEN!

13歳のハローワーク公式サイト
13hw.bmp

ついに本日オープン!

「好きなことを仕事にする」
シンプルだけど、一番難しいこと。
あなたはどれだけ真剣に考えていますか?
あなたはどれだけ真剣に子供に伝えられますか?

posted by haru at 23:20| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

『ママキャリ』スタート。

ミクシィで、コミュニティを開始しました!
その名も『ママのキャリアを考える会』

 産みたい人・産んだ人がキャリアをどのように考えて、
 ビジョンをつくっていったらよいのか?
 どんな工夫や働き方、育児との両立の仕方があるのか?
 どんなサービスがあれば、ママは働きやすくなるのか?

を真剣に考える会です。

mamacare.jpg

熱いママが続々参加!!!!!
ヤケドしそうだぜ。


※ミクシィ参加している方はのぞいてね♪
※参加がまだの方、ご招待しますのでメール連絡ください♪
posted by haru at 12:44| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。