2011年04月24日

ハル、お別れのとき。

このブログから足が遠のいて、気がつけば随分と経っていました。
なんだかこの場に今の自分の書きたいことが当てはまらなくなっているんだな、
と気づきました。よいことです。

このブログを、ワクワクしながらつくってからもう6年。
そろそろ脱皮したくてしかたがなかったのだと思います。

たくさんのことを、ここに書き綴ってきたなぁ。
育児と仕事の両立のいろんな葛藤、仕事の方向性の迷い、
子育てで楽しかったことの備忘録、2度目の妊娠、そして再度自分さがし。。。
書くことで、頭を整理したり、しあわせをかみしめたり、思い入れのある場になりました。

ちょっとさびしいですが、こことはお別れして、あたらしい場所に引っ越します。
また、新しく場所をつくることにワクワクできる自分は本当にしあわせだなぁ。
>>お引っ越し先はコチラです。
posted by haru at 23:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

こころの風景

ランチにゆっくりひとりで食事をしたくなり、
久しぶりにちゃんとしたお昼ご飯をレストランでいただく。

通された席の横の柱に、一枚のさりげない写真。
なぜか目にとまって、じっくりと眺めていた。


心地よく薄暗い部屋の
少し離れた位置にある明るい窓

2階か3階かな?
外には隣接する家の屋根がならび
煙突からあたたかな煙が立つ

その屋根の向こうには
針葉樹と古くて白い壁

そして壁の向こうのもっと遠くに
教会の屋根がうすぼんやりと、でも大きく見えている



こころの中の奥行きのように感じ、
しばらくぼーっと見入ってしまった。

最近遠くの景色を眺めていないな・・・
というときは、
だいたい、こころのそういった階層の奥底までがあることを
忘れているときだな、とか思う。

こころの景色をたまには眺め、ぼーっとする時間も大切。
教会の屋根はみえる?って。
posted by haru at 16:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

原点回帰・・・マスターに会いに。

先週、AMの打ち合わせを終えて東西線に乗っていると、
ふと思い立つ。
「そうだ、こんなお昼前の時間に東西線で神楽坂!
 ・・・久しぶりに、早稲田のあの人に会いに行こう」

12:00少し過ぎにポンッと駅に降り立ちました。 

2年ぶりにのれんをくぐった穴八幡近くの小さなお店。
大学時代の4年間、バイトでお世話になったマスターに会いに。

ランチも盛況だけど、夜も落ち着いてて大学の教授や職員や、
常連さんが飲みに来る雰囲気のいいお店です。

「変わらないな」と言われるけど、
ここに来ると、すんなり15年も前の自分に戻ってしまう。
何を話すでもなく、思い出話や、あの人は今?みたいな話、
子どもの教育費の話とか、そんなどうでもいいことを話しつつ、
店の中や外の景色を眺めていた。

店から見える早稲田通りの並木の緑。
店内に飾ってある大きな皿や、絵も。
何も変わらない。

このお店で、どんだけいろいろな話をしてきただろう。
いつも最後には結局泣いて、
マスターからジュースをおごってもらっていた。
「どんな話でも、できるだけたくさんすればいい。
 そうやって自分の物差しに、目盛りを振っていくんだから」

私がここで確認してきた目盛りは、
今もまだ私の物差しにくっきりと残っている。

何が好きで、何がイヤか。
どんなことに傷ついて、どんなことに鈍感か。
どんな人に好かれ、どんな人に嫌われるか。
上の空になるような、夢のような出来事があったとき、
本当に最悪で、どこかに消えたくなるようなとき、
ちっともうまく言えずに、それでも、何とか話そうとしていた。

社会に出て、自分が「何の役に立てるか」とか、
「こんな役割だから」とか、そういう段階の一歩手前で、
すごく私的に、価値観を築く作業をここでやらせてもらった。

振り返ると、結局のところ、
それ以上でもそれ以下でもない素の自分、
=ベースとなる気持ちの尺度でずっと判断してきている。
良くも悪くも、物差しは一つなのだ。

人にどう思われるか?とか、
もう少し自分はこうなれるんじゃ?とか、
そんな欲が年と共に削られ、より一層それを強く感じているのも確か。

13時過ぎ、のれんをもう一度くぐり、
人生の中で、こんな場所をもてたことに感謝。
久しぶりに、本当に‘ひとり’になれた1時間。
たまには必要。

また来ますっ!
posted by haru at 18:36| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

ビッグ・オーはいる

やっと週末・・・でもやること山積みです。
まずは疲れをリセットと、朝風呂を沸かし中。

さて、先週末の SCHOOL OF 未来図のフォーラムの記事が、
早速「日経AssocieOnline」に載りました。
主催の高橋俊之さんの『ロジカルシンキングの達人になる』という連載の中で、
「やりたいことを仕事にする」がテーマ。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/nba/20100304/214030/

イベントへの参加は、とてもいい経験でした。
自分がここ数年行ってきた棚卸しをもう一度振り返ることができましたし、
パネラーのパコさんやイナケンさん、そしてファシリテーター役のToshiさん(高橋さん)にも、
いろんな気づきや共感という勇気をもらった気がします。

記事内にもありますが、やりたいことを探すのは、
まるでジグソーパズルのピースをひとつひとつ探し丁寧に埋めていく作業。
初めは端っこのピースしか見つからず、何が出てくるのか分からない。
これだ!と思っていたモノも、ほんの一部でしかないことに数年後気づく。
そんなことを繰り返し、でもとにかく続けていくことで、
あるとき、「これ」と「これ」ってつながる。
という瞬間がいくつも訪れる。

Toshiさんのピースという言葉で、久しぶりに
ビッグ・オーとの出会い」(シェル・シルヴァスタイン )
を、またまた思い出した。

やりたいこと探しは、いい意味で自己完結というか。
自分の抜けたピースを、自分で充足できることなのではないかと
改めて感じたのでした。

実は数年前にここでこんな記事を書いていた。
何度も考えてきたこのテーマ。
本当にいろいろなとらえ方ができ、私を突き動かし、励ましてくれる本です。
posted by haru at 09:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

ほんわかした1時間半

今日はひさしぶりに仕事が落ち着いたダンナがお休みをとり、
今、買い物と保育園のお迎えに行ってます。

ムスメはムスメで、今日は友達といっしょに
学校で遊んでから帰ってくるのです。

こういう、家のことに何にも追われず
ひとりで家にいるのって、超めずらしい。

きもちいいなぁ。
たった、一時間半だけど、すごく気分が休まる。

お迎えがないだけで、買い物がないだけで、
ムスメの帰ってくる時間を気にしなくていいだけで、

楽〜

いつもいつも、何時にあれ、何時にこれ、と・・・
めまぐるしさがどんだけ自分を緊張させているか。

久しぶりだ、こんな気持ち。
ほんわかしたリラックスムード入ってきました〜。

って、仕事中なんだけどねっ
posted by haru at 15:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

しあわせ定義2

帰りに本屋でAERAの勝間和代×香山リカの対談を立ち読み。
結局、
はりっぱなしでも、しあわせは感じられないし、
ゆるみっぱなしでも、しあわせは感じられない。
そんな結論に至る。

ゆるんで〜・・・・・・はった!
ときに、はっと、感じる何か。

はりつめてて・・・・・ゆるんだ〜っ
ときに、ふと、感じる何か。

そういうことなんではないかなーと思う。

前にこんな『しあわせ定義』をしていた。
自分が書いたからあたりまえだけど、
うん、そうなんだよねーと思う。

あああ、とにかく疲れた。
寝不足と台風による気圧の変化で三半規管がおかしい。
お迎えまであと30分、メール整理するか、寝るか、まようー。

posted by haru at 16:24| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

理性を保てる相手

同じママでありながら、
その美貌はますます磨かれている
素敵な仕事仲間とランチ。

彼女の話で刺激的だったのは、
旦那様の事情を読み、
自分の事情と照らし合わせ、
そこを戦わせるのが全くもって不必要と思ったら、
とことん戦わせないように努力する
という話。

んーーーー、
あたしんとこの夫婦は大学時代の同級生というのもあり、
とにかく自分の事情はくまなく分かってほしいし、
分かってくれるよね!
ってな、付き合いが15年も続いているわけで。
そういう努力を「思いつき」もしなかった!
目からウロコ。

そして、
理性が保てる相手だから、結婚しようと思った。
という彼女の言葉に、さらにパンチを食らう。

んーーー、
理性を保った自分を、
もう一度パパにプレゼン。
うん。
んーーーーー。
や。
いいかも。
posted by haru at 15:03| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

能動じゃぁ足りない!!

久々すぎでどこから書けばよいのか分からず、
そう思うと余計書かない、
という悪循環で離れてました!ご無沙汰です。

どうもスッキリしない日々が続き、
以前ならマッサージやエステでリフレッシュしていたのですが、
どうもそういう他力本願(受動)ではダメな気がして、
ピラティスを習うことにしました。

で、数回グループレッスンでいろいろな先生を試し、
よかった先生に先日初めてプライベートレッスンをお願いする。

聞きたいことをどんどん質問して、
ついでに今まで行なっていた整体の先生に教わったストレッチについてて見てもらった。
で、ピラティス的ロジックで、
何を「意識して」行なえばよいのか、教えてもらう。

そしたら・・・・まったく違う動きになりました。

そう、そうなんだ。
能動的に動いてる時点で満足してちゃダメ
どこに意識をもってくかで、まったく違う動きになる。
=効果が違う。

「同じこと」を「同じ目的」でしていても、
意識次第で全く違うんだ!!

身体を動かしながら、なるほど、身体だけでなく・・・
すべてこの点でスッキリしなかったんだ!と。

目からウロコのプライベートレッスンでした。
posted by haru at 23:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

トータルでみるチカラ

ご無沙汰です!!
春ですねー。大好きです、この季節♪
(と言ったら花粉症の人には怒られますが。)

さて、確定申告も終わり、子どもたちの体調も落ち着き、
仕事もようやくプロジェクト単位でできるようになってきて、
いい感じになってきました。スパイラルはとり合えず脱出しています。

最近のもっぱらのテーマは、どこまで自力でやって、どこまで他力をアテにするか。
(仕事も育児も)結局これもバランスの話だー。
これに尽きるんでしょうか。

細かく言うと、1週間の間でも、今日は家事シフト、今日は育児シフト、今日は仕
事シフト、と微調整する大変な高度スキルを要する状況です。
でもさ・・・なんか、生きてるって感じだ。

バランス力ってそのまま、トータルでみるチカラだと思います。

これは上手くいってるけど、これは相当ヤバイとか。
ここは得意だけど、これはカラッキシ上手くいかないとか。
マイナスもプラスも捕らえた上で、振れすぎなければそれでよしとする
そして、それを自己処理するチカラってすごく重要。
これって本当になんにでも当てはまる。

自分の内面に関してもそうだけど、
大きく言えば生きてる上で関わっていることすべては、
誰かと共有しているわけで、そこもひっくるめて考えてくと、

あたしがしなくても、あの人がしてくれてる、とか。
あの人がしてないから、あたしがしていることに価値があるんだな、とか。
そういう話になってくるよな。

もっと広げてくと
宇宙からみれば、チリみたいなもんだとか。
そういう話になっていくんでしょう。(行き過ぎました)

---

ムスメが教科書を広げていると、教育を受けさせられる国に生まれてよかったな、とか。
ムスコに薬を飲ませてると、医療が受けられる国に生まれてよかったな、とか。
最近そういう発想が出てくるようになった。
前の自分にはありえない。

あたしも成長してるんだ、と思うわけです。
posted by haru at 16:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

一番の謎とリセットボタン

なぜ、一番感謝しているひとには、ありがとうって言えないんだろ
なぜ、一番大事なことは、後回しにしちゃうんだろ

なぜ、どうでもいいことばかり、大きな声で言っちゃうんだろ
なぜ、大切なことほど、聞き逃してしまうんだろ

リセットボタンを楊枝で押しすぎて、先が折れて詰まったみたいに、
どうやっても素直になれない。

そんなときは揺さぶるように大きな音で音楽を聴いて、早くたっぷり寝よう。

っと、思うんだけど・・・

なぜ、そういうときに限って夜更かししてしまうんだろ??          謎だ。
posted by haru at 04:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

一年たって贈り物に気づく

11月に入りました。
去年の今頃は、やっとつらいつわり(よだれ)が止まったころ
なんだか1年とは、とても思えません。
とおーい昔の出来事のように、あたしは全く違う生活をしている。
果たしてあれは、本当にあたしだったのだろうか?
と、つわり中に感じた感覚を逆の立場でもう一度経験する。

子ども二人を抱えて働くということは、一人のときよりも数倍大変です。(なめてた)
でも、精神的にはかなり安定している。(歳を重ねたのもある)
イライラすることもあるけど、子育ての時間、自分の時間、家事の時間を、どれもとても大切に思える。
以前は、全部自分の時間で、それの一部を家事・育児に当てている感覚が根底にあった。
それが間違えだったと気づけたのは、あのつらいつわりのおかげだったと、今思う。

妊娠期間中、まったく思うとおりに動けなかったことで、得た感覚。
それは「自分の身体は自分のものではなく借り物である」という感覚。
いつかは返す、その日まで、あたしの魂が身体を借りているのだ。

身体はあたしだけのものではない、家族(とくに子ども)のものでもある。
だから、当然、そのために使う時間が必要なのだ。自然なことなのだ。
そして、自分のために使える時間は、なんてありがたいんだろう。

一年たって、神様からの贈り物に気づく。
一年前の解釈よりも、しっくりときた。
posted by haru at 14:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

切り替えの呪文

仕方ない事情で、
日中、イキができないくらい忙しくなってしまう日がある。
誰にも知れず、すごいスピードで考えて動いてる。
(半分以上家事・育児だけどね〜、緩急大事です)

「同時進行」しようとすると
どうにもおかしくなるので
「切り替え」「切り替え」と呪文のように意識。

呪文といえば、今日あたらしいスイッチング呪文が登場。
どう思われているか?の呪縛を解き、
どう思っているのか?に切り替え、切り替え。

これ、案外すっきりする。
いらないことがストッパーになって、スピードが出ないこと多し。
他人目線をまったく捨てる。
自分がどうかは案外はっきりしていない。
どう思われているか?の呪縛は、案外多いので、
いらない進行ベクトル削除。

手帳のToDo、再度整理。
結局、納得の中に評価も含まれるので問題ないことに気づく。
posted by haru at 00:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

‘居場所'について

ママのキャリアを考える会」オフ会の会場下見で、
大井町のママ&キッズのスペース「アトリエ・チルドリン」に行ってきました。
先日参加したお話会のひろっしゅコーチのご紹介です。
ありがとうございます。

駅からすぐの雑居ビルの2階。
入ったとたんにアロマの香り「どうぞ、ネイルですか?」の声。
赤ちゃんを遊ばせながら背中をマッサージしてもらっているママと、
奥にはスタンバってるネイリストの方。
あたしはどうやらネイルの予約をしている人と間違えられたみたいです。
ああ、ここは、ママのための‘居場所'なんだな
入ったときにシャッターを切ったみたいに焼きつきました。

‘居場所’という言葉には、特別な意味がある。
無条件に受け入れられるという安心感。

‘居場所’から連想して、少し前にNHKの「プロフェッショナル」(こちらもHDDで撮り溜め)
で「末期がん専門看護士」の田村恵子さんという方が語るシーンがよぎる。
「余命数ヶ月と診断された方に共通して起こるのは、心の変化。
 みな、‘自分を今まで育んできたものは何か?'と考えるんです。」

この‘育む’というコトバとくっついた。
なんでくっついたのか。
それは、人を育むのはこの「居場所」=無条件に受け入れられる場(人)なんだな、
と最近思うのです。例えば保育園探しなどでも。

人は受け入れられる場があって、はじめて安心して、自分を放つ。
相手を信じられるようになり、まねて、吸収して、そして成長できる。
子供に限ってではなく、この土壌のような環境が、心にはとても大切なんだな。

人生の大半をこの‘居場所'探しに費やし、疲れ果ててしまう人もいる。
例えば愚痴をいったり、人を悪く言ったりするのも、ある意味自分の居場所確認の行為だなと思う。
確か心理学の講義かなにかで「イングループ」と「アウトグループ」っていうのが出てきた記憶が。
自分のグループ(イングループ)を確認するために外(アウトグループ)に誰かを出してしまう。

大切なのは、‘居場所'という結果を求めてさまようことではなく、
自分が育くまれてきたもの、育んでいるものは何か?
いう行動にフォーカスして考えることじゃないかな。

っと、思ったりして。
posted by haru at 01:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

世の中で一番…

今日は、なんだかいい日でした。

夕暮れ時に
ただ気持ちよくふんわりと浮かんでくる
「こう生きたい」という気持ち。
まったく上手く実行できていないけれど、、、
それでも、ふと自分の中で息づく瞬間がある。

大好きな福沢諭吉訓。 もう一度、自分に。

---
一、世の中で一番楽しく立派なことは 一生を貫く仕事を持つことである。

一、世の中で一番みじめなことは 教養のないことである。

一、世の中で一番淋しいことは 仕事を持たないことである。

一、世の中で一番みにくいことは 他人の生活をうらやむことである。

一、世の中で一番尊いことは 他人に奉仕し、決して恩をきせないことである。

一、世の中で一番美しいことは すべてのものに愛情を持つことである。

一、世の中で一番悲しいことは うそをつくことである。

---

今日会ったステキな人々と、家族に、ありがとう。
posted by haru at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

バランスを保つコツ

結局、苦しんだり悩むところの大半は、
バランス感覚で解決できること
だったりする。

シンプルに考えれば、
1点よりも2点、
2点よりも3点で支えることが、
コツ
なのだ。

側面を複数知って意識すること。

客観視ができそうになくなったら、
1点、2点、3点、と数えてみよう。

posted by haru at 21:29| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

ラクを選ぶ勇気

かなり前、新庄がまだ現役のころ。
インタビューに答える彼の発言があまりにオバカで、
「シンジョーってホント、アホだねぇ」
などと、あたしが独り笑っていたら…それを聞いたダンナが
「シンジョーはこれがラクなんやろな」
と言ったのを、妙に鮮烈に覚えている。
なんでかな、耳の奥にずっと残っている。

確かに彼はそのとき「楽」しそうで、
仕事(野球)もノリにノッっていた。

実は、自分のラクな状態を選ぶって、
なかなか勇気のいることだ。

よくない見方をされることだってあるし、
アホだ、ヘンだといわれることもある。
場にふさわしくないケースだってあるから、
「大人らしく」「キチンとした」振る舞いを
しようとすればするほど「ラク」じゃなくなる。

でも、イメージ。

自分が羽を広げて、気持ちよく飛べる感じ。
どんな格好?とか思わず、手を広げる感じ。
そんなときなら、向かい風だってきっと浮力でしょう。
うんぬん言わずに、手を広げてみよう。
そういうのをホントは「ラク」っていうんじゃないかな。

つまりは自分が楽しむこと。
きっとそれが周りにも伝わっていく。

「楽」を選ぼう。

bird.JPG
posted by haru at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

前略ボーヴォワール様

書斎の整理をしていて、古い小さなバインダーが出てきた。
名刺入れかと思いきや、若いころに座右の銘を整理したそれは、偏った哲学的な言葉ばかり。
笑う。

『自分に欠けているものを過大に考えると不幸になる』---スタンダール

『自分の演じる人物によって自己をすりへらす』---ボーヴォワール

『自己とは自分にとって最良の友人である』---アリストテレス

読み返しただけで、必死さが伝わってくる(笑)
落ち込んでる姿、頼るものがなく傷ついた自分を励まそうと必死な姿が思い浮かぶ…
あのころのあたし。
役割(周りから求められる役回り)に押しつぶされそうで、自己と役割を必死に切り離そうとしていた。

でも、あのころ、ボーヴォワールが言うみたいに、
‘女'や‘母'といった役割が自分をすり減らしてしまうと、今は思わない。
むしろ、その役割が自分を拡張してくれた
そう思えるようになったのは、つい最近だろう。

前略ボーヴォワール様
あなたの言葉に励まされた時期がやっと終わろうという、そういう段階です。
posted by haru at 09:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

誕生日ありがとう

昨日、誕生日でしたー。36手(チョキ)ついに後半突入です!ドキドキ揺れるハート

いろいろな方からメールやSNSメッセージで「おめでとう」をいただきました。
おかげで、昨日は外出なしなのに祝福を感じる一日でした。ありがとうぴかぴか(新しい)

メールでは女友達から。
mixiでは、ママ友や幼なじみから。
GREEでは、かつての同僚の男性のみなさんから。
これもそれぞれのツールのカラーかな、おもしろいね。

SNSのアラートで、幼なじみや友人の中には数人、
あたしと同じ誕生日の人がいることを思い出し、メッセージを送る。
小学生のころ「お誕生日いつ?」「好きな食べ物は?」なんてのが
子どもながらの定番のアイスブレイクだったことを思い出し、ひとりニヤリ。

ママ友からは、「誕生日は産んでくれた母への感謝の日でもあるよね」
というメッセージが偶然重なる。ほほぅ。
流行ってるの??(笑)
こういうメッセージは初めて。温かい。

sevenhabits.JPGそしてパパからのプレゼントは…なぜか今頃『7つの習慣』→
夫婦で流行ってます(笑)
かなり前に借りて斜め読みしたっきり、仕事で必要だったときもあまりマジメに読んでなかった…。
(もともとベストセラーになった瞬間、読みたくなくなるひねくれもの)
でも、今、今まで以上に家族に対し、育児に対し、仕事に対し、真剣に向き合わなきゃというこのタイミングで、面白く読もう本

うれしっ

誕生日ありがとう!!

posted by haru at 08:56| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

みんなちがってみんないい

休業中のため、友人の書くブログをゆっくりみたりする余裕あり。
今までにない、温かい気持ちでそれらを読んでいる。

長い月日を経て…それぞれいろいろなライフスタイルで・・・
暮らしや自分の感性をキチンと大事にしている点は本当に見習いたい。
それぞれが大事にしていることは、共感できない点もあるけど、
その「大事大事」と言っている姿に、スタイルに、心底共感できる。

仕事で、授業で、毎日会っていたあのころの・・・尊敬できる点を密かに感じていた・・・
あたしには真似できないなぁーっていうあの感覚がよみがえる。
改めて、みんなステキだなと思う。

あたしは空を飛べないけど、いい音もでないけど、
あなたが友人でいてくれるだけで、なんだかそうしている気分だよ。
(そしてあたしもこれでいいかなって少しうれしくなってくる。)
みんなちがって、みんないい ってこういうことだなぁ。

---
わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんのうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。


「わたしと小鳥とすずと」 金子みすず (1903-1929年)




posted by haru at 06:05| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

人生の演出家

ブログ、更新ストップしてましたが、ムスコの急な入院、ムスメの卒園・入学と、
忙しいこと続きでして、ムムム。なんかすごく参ってました。
休日に久しぶりにビールを飲んで復活ビール
ねぎらってくれたパパ、ホントありがとう。
---
学生時代のバイトで、
競馬の有料予想放送のアナウンス
というなんとも怪しげーなお仕事をしていたあたし。
その世界では結構有名な四柱推命の占い師が出す予想を、
舌をかみそうな馬の名前といっしょに読み上げる。
変な馬名を読むとき笑いをこらえるのが、一番大変でした(笑)

ある日、雇い主の業界出身かるーい社長さんに
「この先生の占いマジで当たるよ〜キミも占ってもらいなよ〜」
といわれ、占ってもらったことがあった。
もともと占いに興味がないし、気にしたことがないので、
後にも先にも直接占い師に占ってもらったのはこのときだけ。

結果はよく覚えていないのですが、
キミはひとことでいうと『人生の演出家』だ。
と言われたのだけ、脳みその底にインプットされた。

もともとお芝居の脚本を書いたり演出をしていたので、
物事を起承転結で考えることが多い。
そうすることで状況を楽しんだり、計画を見直したりできる。
いろいろ考えるときに無意識に身についた
ちょっとした「あたしメソッド」なのだ。

やー、ホント今、人生の 『転』 な感じ。
まあ、転機というのは大きいのから小さいのから、
人生の中にはいっぱいあるとは思うのですが。
思ったよりは充実してるけど、目標には届かない。
ハンドルを切ってる感あり。思ってたよりアレレ、重い。
そういえば前に「ネックレス」という記事でブログに、同じような想いを書いてる。

来月で36になります。
自分の人生を演出しているっていう視点は、ずっと持ち続けたい。

---
追伸:
ムスメの小学校入学で、いろいろ大変。
やー正直こんな大変と思ってなかった。
写真は、「あさおきたら・・・」「かえってきたら・・・」リスト。
リビングの玄関扉脇にはりました。
もう自分でなんでもできるようになったなぁなんて思ってたけど、
朝の短い時間に次をイメージしながら支度を順番にこなすって
6歳にはまだ難易度高いみたいです。根気よくつきあいたい。
dolist.jpg
※水色のクマは本文とは関係ありません(ムスコの愛用品)




posted by haru at 10:46| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。